× 閉じる

海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅行形態 >リゾート >ニューカレドニア >ニューカレドニア その他の都市 >【海外子連れ旅特集Part.1】"天国に一番近い島"ニューカレドニアが、子連れ旅におすすめの理由

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

【海外子連れ旅特集Part.1】"天国に一番近い島"ニューカレドニアが、子連れ旅におすすめの理由

2018年06月13日

“天国に一番近い島”と呼ばれ、ハネムーンのイメージが強いニューカレドニア。何となく遠いイメージをもたれていますが、実は成田と関空から直行便があり、飛行時間も8時間程度と、子連れ旅に人気のハワイと大差ありません。さらに時差はたったの2時間と、体への負担が少なく、小さな子連れ旅にぴったりのリゾートなんです。日本のこれからの季節、夏休みの時期はニューカレドニアの冬にあたるローシーズンなので、旅費も抑えられておすすめ! この夏は家族で絶景が広がるニューカレドニアへ行ってみませんか?

理由その1:ニューカレドニアは子連れウェルカム&日本人ウェルカム!

自然の奇跡ともいえる景色を子供と一緒に楽しめる

子連れのイメージがあまりないニューカレドニアですが、フランスからバカンスに訪れるファミリーが多いので、子連れにもとても過ごしやすいのが特徴。ホテルはもちろん、高級レストランでさえ小さな子供ウェルカム! カレドニアンブルーの海で心置きなく子供とめいっぱい遊べます。

首都ヌメアの朝市ではローカルとの触れ合いも

基本的には、公用語のフランス語(観光地では英語もOK)しか通じませんが、とても親日の人が多く、カタコトの日本語で対応してくれることも。空港や観光地の案内板や、レストランのメニューも日本語併記の場所が多くて驚きます。また、日本語サービスのあるツアー会社やホテルもあるので、言葉が不安な人でも安心して旅ができます。

理由その2:子連れで楽しめるリゾートやアクティビティが充実

エスカペード・アイランド・リゾートの水上コテージ

小さな子連れのホテル選びは重要。目の前に遊べるビーチがある、子供用のプールがある、部屋にキッチンが付いていて自炊ができる、キッズプログラムが充実している……など、条件にこだわってのんびり過ごしたいもの。ニューカレドニアにはさまざまなタイプの宿があり、選択肢が豊富。

エスカペード・アイランド・リゾートでできるアクティビティ

ニューカレドニアで唯一の水上コテージをもつエスカペード・アイランド・リゾートは、子連れの宿泊もOK。1島1リゾートの島で、島内には日本人常駐のマリンショップがあり、小学生以上の子供連れなら、SUPなどのマリンアクティビティに安心して参加できるのも魅力です。

■DATA
・エスカペード・アイランド・リゾート 
http://www.glphotels.nc/escapade-ilot-maitre-en.html

理由その3:子供のご飯の心配が無用!

滞在中に1度は食べたい天使のエビを使った料理

ニューカレドニアの食事は、本格フレンチからスーパーの総菜まで、日本人の口にあったものばかり! 衛生面も日本並みに管理されているので安心です。日本の高級料亭にも輸出されている天使のエビは、いろいろな場所で食べられます。

スーパーで購入した総菜だけで充分なディナーになる

子連れで毎日レストランで食事をするのは疲れるもの。ニューカレドニアでは、スーパーの総菜やパン屋などを利用して、ホテルの部屋食をするのもおすすめ。さすがフランス領、なかでもパンが絶品なので、いろいろ試してみてください。以上、ニューカレドニアが子連れ旅におすすめな理由でした。次回は注目エリア「ブーライユ」のおすすめステイを紹介します。

子連れ旅の旅先選びに迷ったら、この1冊で決まり!

■こちらもチェック!
5月31日に発売した『地球の歩き方MOOK海外子連れ旅★パーフェクトガイド!2019』では、人気ママインスタグラマーが三世代でニューカレドニアを旅する様子を巻頭で特集。そのほか、ママ編集部員が選んだ子連れにおすすめの旅先が満載です。読者アンケートで浮かび上がった海外子連れ旅の不安にも、一つひとつ丁寧に解決していますよ。ぜひ書店でチェックしてくださいね!

地球の歩き方MOOK編集部

【関連記事】【海外子連れ旅特集Part.2】家族におすすめ!ニューカレドニアで注目の「ブーライユ」で極上ステイ('18/6/20公開)も要チェック!

関連書籍

地球の歩き方 MOOK  海外子連れ旅★パーフェクトガイド! 2019 〔ハンディ版〕

地球の歩き方 MOOK 海外子連れ旅★パーフェクトガイド! 2019 〔ハンディ版〕

地球の歩き方編集室
定価:本体890円+税
発行年月: 2018年05月
判型/造本:B5変
頁数:100
ISBN:978-4-478-82198-5

詳細はこちら

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

おすすめの記事