海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅行形態 >ハワイ >ハワイ >オアフ島(ハワイ) >【翻訳機プレゼント】2018年の海外旅行動向調査と「外国語」「通信環境」への不安解消体験レポート

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

【翻訳機プレゼント】2018年の海外旅行動向調査と「外国語」「通信環境」への不安解消体験レポート

2018年07月23日

2018年7月、都内某所にて開催された観光・旅行業界向けの毎年恒例セミナー「海外旅行調査報告」(主催:エイビーロード・リサーチ・センター)。同セミナーでは、昨年の海外旅行実態や人気・注目の渡航先調査をはじめ、旅行目的の需要や海外旅行における不安要素調査など、多岐に渡るデータを展開。地球の歩き方ニュース&レポートでは、同調査資料を基に、実際に人気の渡航先へ「言語」の不安を抱えたユーザーにあるツールを持たせた体験取材を敢行。調査結果とともに、その実態に迫ります。「外国語」や「通信環境」に不安のある方は必見。

不動の人気旅行先:ハワイ・台湾・韓国

地球の歩き方では1位の結果だった「ハワイ」

「海外旅行調査報告」では、2017年の海外旅行先調査では、1位.台湾、2位.ハワイ(オアフ島)、3位.韓国という結果になりました。今年の春から夏前にかけて実施した、地球の歩き方ホームページにおける独自調査では、1位.ハワイ(オアフ島)、2位.台湾、3位.アメリカと多少の違いはあるものの、近場で比較的行きやすいとされる台湾、夏休みなどまとまった休み、または最初の海外旅行先として不動の人気を誇るハワイの二大旅行先がどちらも目立つ結果。前年などの比較として順位を伸ばしたのは香港(4位)。同順位は地球の歩き方ではシンガポールとなりました。

▷【関連記事】【 海外編 】地球の歩き方「夏の人気旅行先ランキング 2018」 TOP20

海外旅行ニガテ意識調査結果「外国語が苦手・不自由」

同調査において、海外旅行に行ったことがない回答者を対象に理由を聞いたところ、そもそも「海外旅行に興味がない」という層を除いた場合、3年連続で「外国語が苦手・不自由だから」がトップになることが発覚しました。また、「旅行代金が高いから」「海外の治安に不安を感じている」など潜在的な非旅行者層の懸念も上位にのぼってきましたが、顕在(旅行に行きたい)という層のニガテ意識として言語の壁があることは顕著です。そこで、地球の歩き方ニュース&レポートでは過去に紹介した便利ツール、34か国語に対応した双方向音声翻訳機『Magic Say』を、海外旅行経験が浅く、同じく言語の壁に不安があるハワイ旅行者に実際に持参してもらい、随所で役立ったという体験レポートをお届けします。(ハワイ:オアフ島)

▷【関連記事】バンコクからスグ!南国タイの採れたてフルーツを堪能!ラヨーンの果樹園『スパットラ・ランド』

【関連記事】【パタヤ観光】アジアのサグラダ・ファミリア『サンクチュアリー・オブ・トゥルース』を見に行こう!

34か国語に対応した双方向音声翻訳機『Magic Say』

ハワイのABCマートでも大活躍
店員さんとのやりとりでお土産チョイスも完璧

「端末が軽くて扱いやすい。直観的に操作もわかるので、相手の方に話してもらう時でも、そもそも機器の説明をする必要がなくどこでもすぐに使えました」

双方向音声翻訳機『Magic Say』は、ポケットにすっぽり入るスリムデザイン。重さはたったの100gなので、持ち運びも便利。正面のインターフェースにはボタンは2つのみで、青いマイクのボタンを押しながら話すと「日本語が(設定した)外国語に変換」、赤いマイクのボタンは「(設定した)外国語が日本語に変換」される。出力はテキストと音声に対応しているため、その場でどちらも確認しながら意思疎通が進むのが利点です。

「おすすめのお土産を教えてほしいのだけど?」

これは言えても、返ってくるおすすめが理解できなければ、せっかく教えてもらってももったいないですよね。ユーザーからのレポートでは、王道人気のコナ・コーヒーをおすすめしてもらったが、配合率に違いがあるため、10%や100%などの違いに注意したほうがいい、というアドバイスをMagic Sayを通じて得られた、とのこと。「コナ・コーヒー」からもう一歩踏み込んだ嬉しいコミュニケーションですね。また、女性用には、日本では販売されていない、シミやそばかすに効果的な化粧品なども紹介されたそう。



お店の人気メニューやトッピングも会話の成立から!

一番人気のパンケーキを無事に注文できた
「女性に人気のあるメニューを教えて」

「英語が話せないだけで、食べたいものが食べられない、なんてことが前はありましたが、Magic Sayを使えば無事に人気のパンケーキも注文できました。夫婦やカップルで旅行するなら、奥さまや恋人のために女性に人気のメニューを聞いたり、とにかく普段は1往復で終わってしまう会話が続くので、充実度が段違いでした!」

Magic Sayを使うことで、会話が続いた、という体験レポート。「おすすめは?」「パンケーキかな」「ならそれを2つで」こんな1往復な会話で終わってしまった経験者は多いのではないでしょうか。ハワイはあなたの予想以上に英語文化。そして、日本と違ってこちらが聞かないことにはなかなか答えてももらえないシーンが多々。パンケーキ一つとっても、種類やトッピングも豊富。現地の方々や女性旅行者に人気のメニューや食べ方など、Magic Sayを使いながら探ってみましょう。


今回、体験レポートで使用した、ボタンを押して話すだけの双方向音声翻訳機『Magic Say』。34か国語以上を瞬時に音声と文字に翻訳。「会話が続く」精度の高さが特徴のWi-Fiコネクトオンライン型。ポケットにすっぽり入るスリムなデザインで気軽に持ち運べて旅行の頼もしい味方に。

▷『Magic Say』の詳細・購入はこちらから。

海外旅行のネット事情大丈夫?クラウドSIM対応の『GLOCAL NET』

Magic Sayも『GLOCAL NET』で接続!
面倒な設定一切ナシ!渡航先ですぐ繋がる!

一昔前に比べて、LINEやFacebook、Instagram等のSNSやGPS連動のマップや翻訳ツールなど、海外旅行中でもネット環境を常時フル活用するシーンが増えました。そこで重要なのは海外でのネット接続。いざ海外でWi-Fiを案内のとおりに使ってみたら、重すぎて使えない、帰国後に高額請求がきた、そんな噂を聞いて不安に思っている方もいらっしゃると思います。

今回、Magic Say以外にも活躍したツールが、モバイルバッテリーとしても使える常時接続でも充電切れしにくい海外旅行の強い味方、次世代クラウドWi-Fiの『GLOCAL NET』。こちらはクラウドSIMサーバーに世界複数のキャリアのSIMを保有しているため、現地で端末が最適な通信キャリアのSIM情報を自動ダウンロード!そのため、旧来なら行き先によって契約を変える必要のあったポケットレンタルWi-Fiの弱点をその用途だけでなく、継続利用においても大幅にカバー。

空港でもレストランでも、どの国でも安定接続

今回、体験レポートで使用した、世界中で複数のキャリアが利用できる画期的なWi-Fiルーター『GLOCAL NET』。各国・各地域に応じて最適な回線を自動選択して接続。高速・大容量でリーズナブルな通信料が嬉しいツール。海外出張や周遊、国際的な舞台で活躍する人には必携のツールです。

▷『GLOCAL NET』の詳細・お申込みはこちらから。

34か国語対応双方向音声翻訳機『Magic Say』読者プレゼント

今回、本記事にて体験レポートしてもらった34か国語対応双方向音声翻訳機『Magic Say』を、地球の歩き方ニュース&レポートの読者の中から、抽選で1名様にプレゼント!夏休みのご旅行先に海外を予定している方、特に外国語に不安がある方は、ふるってご応募ください!

ご応募はこちらから。
※応募期間:2018年7月23日(月)~8月19日(日)
※ご当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせて頂きます。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

おすすめの記事

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について