海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >北米 >カナダ >イエローナイフ >「大自然に包まれ、オーロラを間近に見る。あなたがまだ知らない極北の地で体験する。 カナダ・ノースウエスト準州への旅」第11回 地球の歩き方大学 開催レポート

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

「大自然に包まれ、オーロラを間近に見る。あなたがまだ知らない極北の地で体験する。 カナダ・ノースウエスト準州への旅」第11回 地球の歩き方大学 開催レポート

2021年11月25日

2021年10月13日(水曜日)20時~、カナダ・ノースウエスト準州観光局と地球の歩き方大学との共同企画『大自然に包まれ、オーロラを間近に見る。あなたがまだ知らない極北の地で体験する。 カナダ・ノースウエスト準州への旅』を開催しました。当日、ウェビナーをご覧いただけなかった方々や再度雰囲気を想い出したい!という方々のため、その内容の一部をご紹介いたします。アーカイブもご覧いただけます。

あなたのオーロラ見てみたい&行ってみたい!を刺激した1時間

ドナ・リー・デマークさん(左)、ジョエル・ワトソンさん(右)

今回は、カナダ・ノースウエスト準州観光局と地球の歩き方大学との共同企画での開催となりました。
案内人には、カナダ・ノースウエスト準州観光局 田中 映子さんをお招きし、地球の歩き方カナダ編担当編集者の田中 健作(以下、健作さん)、地球の歩き方編集長 宮田 崇の3名で「オーロラの魅力、自然相手のアクティビティ、食事などのトークセッションで語りました。

最初にカナダ・ノースウエスト準州観光局局長のドナ・リー・デマークさんとマーケティング部長のジョエル・ワトソンさんから日本語を交えたご挨拶をいただきいよいよ開講。

ノースウエスト準州観光局、旅の基本情報からスタート

一時限目は田中さんからノースウエスト準州へのアクセスとともにイエローナイフはオーロラ発生が顕著なオーロラベルトの下に位置するため、年間240日以上も見られること。
気候やオーロラのシーズン(冬と夏秋)などについて説明をいただき、まずは基礎知識を習得したところで、第二時限目に。

オーロラ鑑賞のヒント、自然相手の多彩なアクティビティをトークセッションで語る

右上 田中映子さん、右下 田中健作さん(左)、宮田編集長(右)

ここからは案内人の3名でのトークセッション。まずはそれぞれのオーロラ体験を画像を見ながら語ります。健作さんは犬ぞりに乗りながら見たオーロラや滞在したロッジでの思い出を語り、田中さんは豊富な経験回数を元に毎回毎回違う、貴重なオーロラ鑑賞体験を語っていただきました。
また、現地滞在時の鑑賞(夜間)スケジュールやシーズンごとに違う防寒具の準備。実は現地でレンタルが可能なことや細かな防寒対策の秘訣。
さらにオーロラを撮影する時のマル秘テクニックまでご披露いただきました。

犬ぞりに乗ってオーロラ鑑賞

冬のオーロラ時期、昼間の5大アクティビティは犬ぞり、スノーシュー、スノーモービル、アイスフィッシング、そしてスノーバイクとのこと。スノーバイク以外は体験している健作さんが自身の体験を語ってくれます。

ナハニ国立公園のビクトリア滝

さらに、夏のシーズンのアクティビティの話題に。ハイキングやカヌー体験、そしてバイソンやマスコックス(ジャコウウシ)やカリブーなどの野生動物との遭遇。ウッドバッファロー国立公園やナイアガラフォールズの2倍もの高さがある、ナハニ国立公園のビクトリア滝の紹介などと続きます。

ノースウエスト準州で楽しむグルメ、おみやげもご紹介

ボリューミーなバイソンステーキ

旅先での楽しみ、食事については案内人の二人からおススメをご紹介。
田中さんはバイソンのステーキやイワナのステーキ、バイソン・バーガーを、健作さんからはイワナのお寿司や白身魚が美味しいフィッシュアンドチップスを、この時間、今から食べたくなるくらい美味しく紹介してくれます。
また、ブリューワリーで地ビールが楽しめることに加えて、絶対試して欲しい食事として田中さんはノースウエスト準州オリジナルのバイソンミートとチーズがかかったプティン、健作さんはオーロラを待つ間に食べたバノックという先住民族のパンなどをレコメンド

オーロラを待ちながら食べた「バノック」
ホッキョクグマのナンバープレート

現地でのおみやげでは、いつもクラフトを買うという健作さんを皮切りに人気ナンバーワンのホッキョクグマのナンバープレート、安価に手に入るカナダグース、イワナの缶詰、そして、産出量世界三位を誇るというダイヤモンドまで、そのバリエーションの多さに、このコーナーも話が尽きません。

開始早々から、チャット欄は多くのコメントでいっぱいに

質問への回答もなごやかな雰囲気で

第三時限の質疑応答コーナーでは「満月の時のオーロラは?」「犬ぞりの乗り心地は?」などの質問も寄せられ、お二人に丁寧な回答をしていただきました。最後にノースウエスト準州観光局からのプレゼントも発表されて、今回は閉講となりました。

終了後のアンケートへも多くのご回答をいただきましたので、2つほど紹介します。
・イエローナイフがオーロラの見れる確率がこんなに高い所だとは知りませんでした!知れて良かったです。是非行ってみたいです。
・オーロラ鑑賞について実体験に基づく具体的なアドバイスが聞け、自分も行ったような気分になってワクワクしました。ありがとうございます。コロナ禍で私の中ですっかり薄れていた海外旅行人気が再ブレイクしてきました!
などなど多くの方々から温かいメッセージをいただきました。

「地球の歩き方大学」では、これからもまだ見ぬ未知の旅先や再び訪れたい旅先の旬な情報を、より多くの旅を愛する人々にお届けしてまいります。
ご視聴いただいた皆さま、カナダ・ノースウエスト準州観光局の皆さまありがとうございました。

■カナダ・ノースウエストの最新情報
カナダ・ノースウエスト準州観光局
・URL: https://spectacularnwt.com/japanese

写真提供:ノースウエスト準州観光局、田中健作

■当日のアーカイブはこちらからご視聴いただけます。

 

■地球の歩き方大学の開催情報はこちら。
URL: https://arukikatadaigaku.peatix.com/ 

※当記事は、2021年11月25日現在のものです

〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
2021年11月25日現在、観光目的の海外渡航は難しい状況です。『地球の歩き方 ニュース&レポート』では、近い将来に旅したい場所として世界の観光記事を発信しています。渡航についての最新情報は下記などを参考に必ず各自でご確認ください。
◎外務省海外安全ホームページ
・URL: https://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
◎厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について
・URL: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

旅したい場所の情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス収束後はぜひお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを心より願っています。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

この記事のハッシュタグ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について