海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >日本 >関東 >東京 >【12月28日から】銀座線の一部区間、年末年始に6日間運休! 渋谷駅で新ホーム築造のため

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

【12月28日から】銀座線の一部区間、年末年始に6日間運休! 渋谷駅で新ホーム築造のため

2019年12月25日

渋谷駅と浅草駅を結ぶ東京の地下鉄の大動脈、東京メトロ銀座線。その銀座線は、渋谷駅付近の「大改造」工事のため2019年12月28日(土)~2020年1月2日(木)の6日間で銀座線の渋谷~表参道駅間、青山一丁目~溜池山王駅間が終日運休となります。運休の概要と振替輸送などについて解説します。

銀座線運休の範囲、期間

運休区間は、並走する半蔵門線などを利用したい

東京メトロは、銀座線渋谷駅移設に伴う線路切替・ホーム移設工事を実施するため2019年12月28日(土)~2020年1月2日(木)の6日間、銀座線の渋谷~表参道駅間、青山一丁目~溜池山王駅間を終日運休すると発表しました。

この6日間とも銀座線は、始発から最終列車まで表参道~青山一丁目駅間と溜池山王~浅草駅間で折り返し運転を実施します。あわせて、東京メトロや都営地下鉄の全線をはじめ、JR東日本や東急電鉄、東武鉄道、京成電鉄、小田急電鉄、京王電鉄、つくばエクスプレスの一部線区で振替輸送を行います。なお、折り返し区間における日中の運転間隔は、表参道~青山一丁目駅間が約12分、溜池山王~浅草駅間が約3分となっています。

これほどの長期間の運休は珍しく、年末年始とはいえ、運休区間の概要と振り替え輸送について知っておかないと混乱するかもしれません。

運休区間を利用したいけど、どうしたらいいの?

便利になる渋谷駅

では、運休となる区間内の駅を利用したい場合、どうすればよいのでしょうか。渋谷駅発をベースに考えてみましょう(以下は、あくまでも一例です)。

【1】表参道駅
渋谷駅の次、表参道駅には銀座線に並行して走る半蔵門線を利用しましょう。銀座線とは乗り場(銀座線は地上で、半蔵門線は地下)が異なるので注意が必要です。

【2】外苑前駅
銀座線でしか行けない外苑前駅。こちらは、半蔵門線で表参道駅へ。そこで、銀座線の表参道~青山一丁目駅間の折り返し列車を利用します。

【3】青山一丁目駅、赤坂見附駅
こちらも半蔵門線を利用します。なお、赤坂見附駅は半蔵門線の永田町駅と地下通路でつながっています。半蔵門線の押上駅方面行きで一番後ろの車両に乗車し、永田町駅で下車。地下通路を数分歩けば赤坂見附駅に到着です。

【4】溜池山王駅
半蔵門線で永田町駅へ。半蔵門線の押上駅方面行きで一番前の車両に乗車し、永田町駅で下車。地下通路を数分歩けば、南北線の永田町駅となります。永田町駅から南北線で溜池山王駅はひと駅です。

【5】虎ノ門駅、新橋駅~上野駅~浅草駅
JR山手線を利用し、銀座線に接続する駅で銀座線に乗り換えましょう。

【6】三越前駅
半蔵門線で直行できます。
※日本橋駅、三越前駅~上野駅~浅草駅の各駅を利用の場合、渋谷駅から半蔵門線に乗車し、三越前駅で銀座線に乗り換える方法もあります。

ホームが広くなって生まれ変わる渋谷駅

年末年始の工事によって、2020年1月3日(金)の始発から渋谷新駅舎の供用が開始されます。新駅舎はホーム幅が約6mから約12mに拡幅されるほか、多機能トイレといったバリアフリー設備も備えています。地下鉄でありながら渋谷駅付近は地上にホームがあることは変わらず、駅舎の下を通る明治通りの上にM型アーチ状のフォルムの駅舎となります。どのような駅舎になるのか、楽しみです。

今回の工事の概要や迂回ルート、振替輸送の詳細は、東京メトロホームページで。

■東京メトロ
・URL: https://www.tokyometro.jp/index.html

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について