海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >交通 >日本 >関東 >神奈川 >「箱根 駒ケ岳ロープウェー」に乗って「箱根の瞳」を観に行こう(神奈川県箱根町)

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

「箱根 駒ケ岳ロープウェー」に乗って「箱根の瞳」を観に行こう(神奈川県箱根町)

2019年08月03日

神奈川・箱根にある芦ノ湖畔から駒ヶ岳山頂までを結ぶ「箱根 駒ヶ岳ロープウェー」を紹介します。夏の早朝の涼しい時間帯に、静かな芦ノ湖と360度のパノラマの景色を観てもらおうと、「箱根 駒ヶ岳ロープウェー」が特別運行を実施します。期間中は、通常よりも2時間早い午前7:00より運行となります。「箱根の瞳」と呼ばれる、遊覧船が運航する前の静かな芦ノ湖を観に、箱根へでかけませんか。

絶景ポイント(1)標高1,356メートルの駒ヶ岳

「箱根 駒ヶ岳ロープウェー」と芦ノ湖

駒ヶ岳は、標高1,356メートルと箱根外輪山のなかでも2番目に高い山です。一般的に標高が100メートルあがると約1度、外気温が下がるといわれています。駒ヶ岳山頂の平均外気温は、真夏の8月で23.5度(駒ヶ岳山頂百葉箱調べ)となっており、とても快適に過ごすことができます。

絶景ポイント(2)遠方まで見渡せる早朝の澄んだ空気

遠景に臨む富士山と雲海

芦ノ湖エリアは、水温が低い芦ノ湖の影響で外気温との差が大きくなる午後は靄(もや)が発生することもあります。朝早い時間帯の方が空気が澄み、相模湾や駿河湾、富士山などの景観が楽しめます。

絶景ポイント(3)湖面が鏡のように光る「箱根の瞳」

まるで鏡のような「箱根の瞳」

早朝の芦ノ湖は、遊覧船の運航が始まる午前9:00前は引き波がなく、湖面が鏡のように光り、その美しさから「箱根の瞳」と呼ばれています。「箱根 駒ヶ岳ロープウェー」からは、芦ノ湖を中心に箱庭のような箱根の全景が広がり、大パノラマが展開されます。

「箱根 駒ヶ岳ロープウェー」とは!?

全長1,783メートルの「箱根 駒ヶ岳ロープウェー」

1963(昭和38)年に開業した「箱根 駒ヶ岳ロープウェー」は、駒ヶ岳山頂へ行く唯一の交通手段として、多くの観光客に利用されています。箱根・芦ノ湖畔にある箱根園から駒ヶ岳山頂まで、全長1,783メートルを片道約7分で結びます。

「箱根 駒ヶ岳ロープウェー」からは、芦ノ湖を中心に箱庭のような景観が広がり、北に雄大な富士山が、また、遠く駿河湾から伊豆半島、伊豆七島、湘南海岸、房総半島まで大パノラマを望むことができます。

■箱根 駒ケ岳ロープウェー
・住所:〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139
・URL:http://www2.princehotels.co.jp/amuse/hakone-en/ropeway/

いかがでしたか。神奈川・箱根にある芦ノ湖畔から駒ヶ岳山頂までを結ぶ「箱根 駒ヶ岳ロープウェー」を紹介しました。夏の早朝の涼しい時間帯に、「箱根の瞳」を観に行きませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について