海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >リゾート >グアム >グアム >グアムの海の中を散歩できる「フィッシュアイマリンパーク」が絶景すぎる

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

グアムの海の中を散歩できる「フィッシュアイマリンパーク」が絶景すぎる

2018年08月08日

ハッファデイ~!(チャモロ語でこんにちは)。グアムといえば美しい海。グアム旅行の楽しみのひとつが、海遊びではないでしょうか。透き通ったクリアな海は、とにかく目の保養になります。ただ、海遊びと言っても、何も水着で海に入るだけが海遊びではありません。グアムには、海の中に入らなくても、透き通ったクリアな海を楽しむ方法があるのです。今回はそんなグアムの海を気軽に楽しめる、「フィッシュアイマリンパーク」を紹介します。

グアムの海を満喫できる「フィッシュアイマリンパーク」

グアム唯一の海中展望塔がある

やって来たのは、ピティ地区にある「フィッシュアイマリンパーク」。タモン地区からは車でおよそ10分。「フィッシュアイマリンパーク」は、誰でも気軽に立ち寄れる観光スポットです。車がない方は「アガニアショッピングセンター」から出ている、赤いシャトルバスを利用できます。

絶景が広がる桟橋からの眺め

海中展望塔はこの桟橋の先

同マリンパークには、ミクロネシアで唯一の海中展望塔があります。カジュアルな服装で気軽に行けるので、年齢を問わず、お子様連れの方にもおすすめです。展望塔までは、グアム最長の桟橋を渡ります。ここからの眺めは、息を飲む美しさ! 海上をゆっくりとお散歩したり、記念写真を撮ったり、とても楽しいひと時を過ごせます。

ピティ湾に生息する魚たちを桟橋から観察

魚を目視できるほどに透き通っている海

「海洋保護区域」に指定されているピティ湾。桟橋の上からは、海のエメラルドグリーンやコーラルブルーのグラデーションを楽しんだり、魚を目視できるほどに、海が透き通っています。また、このエリアは、シュノーケリングやシーウォーカーなどのマリンアクティビティーも充実しており、グアムの海を陸の上と海の中から、両方楽しむことができます。

長いらせん階段の先に広がる別世界

ドキドキしながら長いらせん階段を下る

「フィッシュアイマリンパーク」の展望塔に到着したら、いよいよ海中へと進みます。長いらせん階段を下ると、そこはもうアンダーウォーターワールド! 今までに観たことがない別世界が広がっています。

海の中はまるで天然水族館のよう

特殊な窓からのぞく海中の世界!

水深10メートルにある展望塔には、24枚の特殊な窓が360度張り巡らされています。カラフルな魚がたくさん泳いでいる場所、いろいろな珊瑚が丘のように連なっている場所と、さまざまな海の中の景色を観ることができます。

目の前を通り過ぎる元気な魚たち

餌付けステーションに集まる魚たち

「フィッシュアイマリンパーク」の餌付けステーションには、大量の魚たちが集まっています。時間帯によっては専属のダイバーさんが、海中からさまざまなパフォーマンスを見せてくれるのも楽しみのひとつ。また、「フィッシュアイマリンパーク」では、シュノーケリングやイルカウォッチング、ディナーショーなど、さまざまなオプショナルツアーもあります。

■フィッシュアイマリンパーク(Fish Eye Marine Park)
・住所:818 North Marine Corps Drive., Piti,Guam 96915-5524
・営業時間:海中展望塔8:00~17:00、ランチビュッフェ11:00~14:00(L.O.1330)
・定休日:無休
・URL:http://www.fisheyeguam.com

いかがでしたか。子供も大人も楽しめる「フィッシュアイマリンパーク」を紹介しました。悠々と泳ぐ自然の魚たちを、少しだけのぞき見できる海中展望塔。グアムを訪れたら、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

おすすめの記事

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について