海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >北米 >アメリカ >ニューヨーク(ニューヨーク) >ブルックリン・ブリッジを歩いて渡ろう! 知っておくと得する完全攻略法(アメリカ・ニューヨーク)

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

ブルックリン・ブリッジを歩いて渡ろう! 知っておくと得する完全攻略法(アメリカ・ニューヨーク)

2019年08月17日

アメリカ・ニューヨークのマンハッタンとブルックリンの間、イーストリバー上に架けられた橋「ブルックリン・ブリッジ」。14年の歳月を架けて1883年に完成したこの橋は、アメリカでもっとも古い吊り橋のひとつで、鉄鋼のワイヤーを使った吊り橋としてはなんと世界初。アメリカ合衆国国定歴史建造物と土木工学歴史建造物に登録されています。そんなニューヨークの人気観光スポット、ブルックリン・ブリッジを歩いて渡る攻略法を紹介します。

人気観光スポット、ブルックリン・ブリッジとは?

ゴシック調のブルックリン・ブリッジ ©iStock

ニューヨークには有名な橋がいくつかあるのですが、そのなかでも特に美しいと言われているのがロウワー・マンハッタンとブルックリンのダンボ地区をつないでいるブルックリン・ブリッジ。ゴシック調で橋の外から見ても、中から見ても美しく、ニューヨークの観光名所として絶大な人気を誇っています。

無数のケーブルワイヤーと石灰岩や花崗岩などで作られた独特のデザインは、多くの人を魅了します。昼間は太陽に照らされオレンジ色に光り輝き、夜はライトアップされ幻想的な雰囲気に。ニューヨーカーが日常的に通勤や散歩に使っているこの橋には、その歴史と美しさにひかれて季節を問わず世界中から多くの観光客が訪れます

ブルックリン・ブリッジはどちら側から渡ればいいの?

ダンボ地区から見たブルックリン・ ブリッジ

ブルックリン・ ブリッジを歩いて渡ろう! と決めたあなた。さてどちら側から渡ればいいと思いますか。「マンハッタン側から?」それとも「ブルックリン側から?」。答えは「ブルックリン側から」が正解です。

なぜなら、ブルックリンを背にして歩くと、マンハッタンの摩天楼が目の前に迫ってくるような迫力を感じることができるからです。そうと決まったら、まずは地下鉄A/Cラインを使ってハイ・ストリート(High St)駅まで行きましょう。

駅を降りると坂の上に出ます。その坂を少し下ると「キャッドマン・プラザ・イースト」沿いの高架下に橋の入り口となる階段が見えてきます。

ハイ・ストリート(High St)駅の看板

ブルックリン・ ブリッジを歩いて渡る時の注意点!

車両も行き交うブルックリン・ブリッジ

ブルックリン・ブリッジは上下2段で構成されています。下段は車両専用で、イエローキャブや自家用車が猛スピードで走っていきます。上段は歩行者と自転車専用。

ここで注意してほしいのは、写真撮影に夢中になり過ぎて、自転車レーンにはみ出てしまうこと。自転車通勤やエクササイズなどでブルックリン・ブリッジを利用するニューヨーカーが、自転車レーンを軽快に通り抜けていくからです。接触事故など起こさないようにくれぐれも気をつけましょう。

橋の上には撮影スポットがたくさん

橋の上から見たエンパイア・ステート・ビルディング
ウォール街のビル群

ブルックリン・ブリッジの上からはマンハッタンの観光名所がよく見え、写真撮影にぴったりな場所がいくつかあります。

橋の中央あたりまで来ると、左手にニューヨークのシンボル的存在・自由の女神が現れます。もう少し先へ進むと、今度は右手にエンパイア・ステート・ビルディングが見えてきます。

ほかにもマンハッタン・ブリッジ、ウィリアムズバーグ・ブリッジ、クイーンズ・ボロー・ブリッジと橋の多さに圧倒されます。4分の3まで歩くと、ウォール街のビル群が眼下に広がり迫力満点。どの景色も美しく、素敵な写真が撮れることでしょう。

ブルックリン・ ブリッジのトリビア

至る所に残された鍵
まだまだある鍵

ブルックリン・ ブリッジを歩いてみると、あることに気がつきます。南京鍵があちらこちらに取り付けられているのです。実はこの鍵、世界中からのカップルが永遠の愛を誓う風習として残していったものなのだとか。

元々は、イタリア映画に由来し、「ラブロック」と呼ばれています。しかし、南京鍵を橋に掛けるという行為は、歩行者の上に落下するなどの危険があるため法律違反となっています。

あまりにも増え過ぎてしまったこのラブロック。現在では、安全確保とインフラ整備の一環として罰金を取られるようになりました。みなさんは真似をしないように注意してください!

■ブルックリン・ブリッジ
・住所:Brooklyn Bridge, New York, NY 10038
・URL:https://www1.nyc.gov/html/dot/html/infrastructure/brooklyn-bridge.shtml

いかがでしたか。ニューヨーク観光に来られる方、ぜひ天気のよい日にブルックリン・ブリッジを歩いて渡ってみませんか。ブルックリン・ ブリッジを舞台とした映画も数多くありますので、ぜひチェックしてみてください。ウッディ・アレンの『アニーホール』やセルジオ・レオーネの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』、『ゴジラ』などが有名です。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について