海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >東北 >宮城 >白石城・益岡公園の桜 見頃は!? 開花・アクセス情報(宮城県白石市)

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

白石城・益岡公園の桜 見頃は!? 開花・アクセス情報(宮城県白石市)

2020年03月27日

宮城県白石市の益岡公園は市内を一望できる丘陵地にあり、約400本もの桜が咲き誇る桜スポットです。公園内には白石城があって、例年4月上旬から4月中旬にかけて城と桜のコラボレーションを楽しむことができます。

いざ、白石城へ!

絵になる城郭と桜の光景

筆者が訪問した時は快晴のなかで、満開の桜が出迎えてくれました。天守閣の入場券を購入し、いざ城内へ参りましょう。

大手門から園内(城内)へ

満開の桜と白石城の絶景!

伊達家の重臣、片倉氏の居城

大手門を抜けると……。 晴天に満開の桜と白石城。 城と桜のコラボレーションは、なんとも絵になります。

白石城は2011年3月11日の東日本大震災で、壁にひび割れなどが発生するなどの大きな被害が出ました。現在は修復を終え、華麗なたたずまいを見せてくれるようになっています。

それでは、城内へご案内しましょう。

城内からの眺めが抜群

城内には、有名武将の鎧兜も

城内・天守閣に入ります。城内は、やや狭いという印象かもしれません。

有名な武将・伊達政宗に重用され、戦国時代に活躍した片倉家二代目の片倉重長(かたくら しげなが)が白石城の主でした。城内には片倉重長(画像左)と真田幸村の鎧兜(画像右)が置かれていました。真田幸村の鎧兜が展示されているのは、幸村が壮絶な最期を遂げた大阪夏の陣で、自身の娘を敵方の片倉重長に託したという逸話によるものからなのです。

天守閣の最上階からの眺め
殿様気分でお花見

天守閣の3階へ急な階段を上っていくと、眼下に満開の桜を望むことができました。殿様気分でのお花見です。また、蔵王連峰が遠くに見えるなど、いい景色が広がります。天守閣への入場はおすすめです。

白石城・益岡公園へのアクセス

満開の桜は見事

白石城・益岡公園へは、東北本線の白石駅からレンタサイクルの利用が便利です。自転車で駅から5分ほどの距離となります。レンタサイクルは駅構内にある観光案内所で申し込み可能です。

白石城・益岡公園は入口付近に、ちょっとした坂がありますが、自転車で園内にある「歴史探訪ミュージアム」まで行くことができます。「歴史探訪ミュージアム」の駐輪場でレンタサイクルをとめて、白石城へ入りましょう。

なお、徒歩では駅から15分程度となります。観光しながら歩いてもいいでしょう。ちなみに、朝9時と早い時間に筆者は訪問したので、レンタサイクルを難なく利用することができました。レンタサイクルの台数には限りがあるので、事前に利用方法などを確認するとよいでしょう。

桜は、午前中の訪問がおすすめです。片倉氏の居城だった白石城へでかけてみませんか。

■白石城・歴史探訪ミュージアム
・URL: http://www.shiro-f.jp/shiroishijo/index.html

■白石市観光協会
・URL: https://shiroishi.ne.jp/


・・・・・・・・・・・・・・
最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介した「桜まつり」などイベントのすべて、あるいは一部が中止されました。最新情報は、上記観光協会の公式ホームページなどで確認ください。なお、「桜まつり」は中止になっていますが、観桜は可能です。新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止を図るため、飲食をともなうお花見宴会などについては控えるようにしましょう。また、散策しながら花見を楽しむ際には、咳エチケットやマスクの着用など、感染拡大防止への取り組みを行いましょう。
・・・・・・・・・・・・・・

※当記事は、2020年3月24日現在のものです。

※初回掲載: 2018年04月03日

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

この記事のハッシュタグ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について