海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >九州 >鹿児島 >平川動物公園で赤ちゃんコアラ3頭が出袋!(鹿児島県鹿児島市)

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

平川動物公園で赤ちゃんコアラ3頭が出袋!(鹿児島県鹿児島市)

2019年04月07日

3頭のコアラの赤ちゃんが出袋(しゅったい)した平川動物公園を紹介します。鹿児島県鹿児島市の平川動物公園では、3頭のコアラの赤ちゃんの出袋を確認しました。コアラの出袋とは、コアラの赤ちゃんが母親のおなかにある袋から出ることです。コアラの赤ちゃんたちは、健康チェックを兼ねた体重測定を受けながら、日々すくすくと成長しています。

3頭の赤ちゃんコアラが出袋!

母親に必死にしがみつく赤ちゃんコアラ

鹿児島県鹿児島市にある平川動物公園では、2019年1月から2月にかけて、コアラの赤ちゃん3頭が出袋(しゅったい:母親のおなかにある袋から出ること)したことを確認しました。平川動物公園は、国内最多となるコアラを飼育しており、今回新たに3頭のコアラが仲間に加わったことになります。

3頭のコアラの赤ちゃんは、平川動物公園のスタッフによる健康チェックを受けながら、すくすくと育っています。コアラの親子は、屋内展示場で観察することができます。
※コアラの赤ちゃんは、母親の袋(育児のう)の中にいて観ることができない場合もあります

コアラの赤ちゃんの出袋とは!?

仲睦まじいコアラの親子

コアラは、約35日の妊娠期間の後、通常1頭の赤ちゃんを生みます。生まれたコアラの赤ちゃんは、母親の腹部にある袋(育児のう)まで自力でたどり着き、そこで約6ヵ月間かけて大きくなります。

コアラの赤ちゃんは、体長20センチメートルぐらいになると、袋の外に出てきます。この活動は、出袋(しゅったい)と呼ばれています。出袋が確認できた後でも、しばらくは袋に戻ることがあります。そのため、性別が判定できるまで、1~2ヵ月ぐらいかかる場合もあります。

コアラの赤ちゃんを紹介!

コアラの赤ちゃん1(メス)

コアラの赤ちゃんの出袋が確認されたのは、メス2頭、オス1頭です。それぞれの生年月日と出袋日を紹介しましよう。

●コアラの赤ちゃん1
2019年1月21日(月)に出袋が確認されたのは、メスの赤ちゃんです。2018年6月25日(月)に出生が確認され、その約7ヵ月後に出袋となりました。父親ブンダ、母親ユメの間に生まれたかわいらしい女の仔です。

コアラの赤ちゃん2(オス)

●コアラの赤ちゃん2
同じく2019年1月21日(月)に出袋が確認されたのは、オスの赤ちゃんです。2018年6月26日(火)に出生が確認され、こちらも約7ヵ月後に出袋となりました。父親バンブラ、母親ココロの間に生まれたやんちゃな男の仔です。

コアラの赤ちゃん3(メス)

●コアラの赤ちゃん3
2019年2月15日(金)に出袋が確認されたのは、メスの赤ちゃんです。2018年8月12日(日)に出生が確認され、約6ヵ月後に出袋となりました。父親ブンダ、母親ジェインの間に生まれたやさしい女の仔です。

コアラ王国! 平川動物公園とは!?

じゃれ合うコアラの親子

平川動物公園は、緑に囲まれた自然のなかで、動物たちとのふれあいをとおして、楽しく、遊びながら自然の生態を観察できる動物園です。コアラのほかにも、約140種、1,000頭の動物が飼育されており、ホワイトタイガーなどの人気者もいます。

一歩園内に足を運べば、遠景に桜島と錦江湾の大パノラマが広がり、キリンやシマウマなど、さまざまな動物たちの群れが出迎えてくれます。桜島をバックに、キリンたちが悠々と歩くロケーションでの写真撮影は、インスタ映えすると評判です。

■平川動物公園
・住所:〒891-0133 鹿児島県鹿児島市平川町5669-1
・URL:http://hirakawazoo.jp/

いかがでしたか。3頭のコアラの赤ちゃんが出袋した平川動物公園を紹介しました。かわいらしい3頭のコアラの赤ちゃんを観に、平川動物公園へ出かけてみませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について