× 閉じる

海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >関東 >埼玉 >秩父羊山公園・芝桜の丘 見頃・アクセス情報(埼玉県秩父市)

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

秩父羊山公園・芝桜の丘 見頃・アクセス情報(埼玉県秩父市)

2018年04月13日

 東京・池袋駅から「西武池袋・秩父線」の特急列車「レッドアロー」号で約80分のところにある埼玉県秩父市。西武鉄道の終点、西武秩父駅から徒歩20分ぐらいのところにあるのが、芝桜の名所「羊山公園」です。白やピンクの可憐な花を咲かせる「芝桜の絨毯」が、約18,000平方メートルの敷地に広がります。また、天気の良い日は、秩父のシンボル「武甲山(ぶこうさん)」を背後に望み、芝桜と青い空とのコントラストは、圧巻の光景となります。例年4月中旬から5月上旬にかけて見頃を迎える秩父羊山公園の芝桜について、見頃やアクセス方法などを紹介します。

絶景!「芝桜の絨毯」と武甲山

新緑も美しい季節

 東京周辺に芝桜の名所はいくつかありますが、東京からの到達時間・アクセスの良さといった点で、秩父はトップクラスといえます。それは、池袋駅から特急列車利用で約80分、乗り換えもなく、最寄り駅からも徒歩でアクセス出来るからです。列車で行けば、交通渋滞もありません。

 芝桜は、サクラに似た花の形をしていますが、桜ではありません。ハナシノブ科の多年草で、北米が原産の花です。芝生のように、地面スレスレに花を咲かせるので、芝桜の愛称がつけられたのでしょう。

ピンクの芝桜「オータムローズ」 ©iStock
白の芝桜「リトルドット」
細身で可憐な花びらの「スカーレットフレーム」の群生

 秩父の羊山公園の芝桜は、9種類、約40万株が植えられ、関東でも有数の規模を誇ります。東京近郊だけではなく、海外からのお客様も増えているそうです。

 羊山公園に入ると、色とりどりの芝桜がデザイン化の上で、植栽された光景が広がります。ピンク、薄紫や白の「芝桜の絨毯」と新緑、秩父のシンボル・武甲山とのコラボレーションはフォトジェニックです。上記写真は、「オータムローズ」という品種で、ピンクの可憐な花です。また、白い芝桜の「リトルドット」も美しいです。他にもたくさんありますので、腰をかがめて、花々を近くから見てみてください。同じピンク色でも品種が異なる芝桜が見られますので、違いを確かめながら鑑賞いただきたいところです。

羊山公園の主とは!?

羊が飼育されているエリアも

 羊山公園の名前の由来ともなっていますが、公園内には羊が飼育されているエリアもあります。また、芝桜の鑑賞エリアの出入り口付近には、多くの出店が並び、秩父名物の「秩父みそポテト」などのB級グルメが食べられたり、お土産を購入することができます。

秩父・羊山公園へのアクセス方法は!?

大型連休や週末は混雑も

 秩父・羊山公園の芝桜は、例年4月中旬から5月上旬が見頃となります。見頃を迎えた土・日・祝日は、羊山公園周辺の駐車場だけではなく、関越自動車道の花園I.C.から秩父市方面へ向かう道などが大変な渋滞となります。列車などの公共交通機関の利用を強くおススメします。

 東京方面からのアクセスでは、西武鉄道の利用が便利です。芝桜の見頃期間には、臨時列車も設定されます。池袋駅から乗り換えなしで秩父へ行ける特急「レッドアロー」号であれば、約80分の道のりです。特急は、全車指定席のため、乗車前に特急券を購入する必要があります。西武鉄道のホームページでも予約・購入ができますので、早めに予約するようにしましょう。また、特急が満席の場合などには、土・日・祝日限定ですが、池袋駅から普通料金だけで乗車できる「快速急行」列車もおススメです。池袋駅7・8時台に1本ずつ運行されています。和式ですが、トイレも付いていて、4人で向かい合わせになる「ボックスシート」車両での運行となりますので、行楽気分を味わえます。

低いアングルからの芝桜も美しい ©iStock

 西武鉄道での羊山公園アクセスで、重要なポイントがあります。往路は、特急も停車する横瀬駅(終点の西武秩父駅のひとつ手前)で下車し、徒歩で羊山公園に向かうということです。これは、西武秩父駅から羊山公園への徒歩では、約20分の道のりとはいえ、途中で相当にハードな急坂を登らなければならないからです。アスファルトで整備された急坂とはいえ、小さな子供やお年寄りにはかなりハードです。

 横瀬駅からの行程は、坂道はありますが急坂はなく、歩きやすいです。横瀬駅から羊山公園へのアクセス時間は、徒歩約20分と西武秩父駅からと比べても変わりません。復路は、下り坂でラクラク、西武秩父駅から帰京といたしましょう。西武秩父駅の構内には、「祭の湯」という日帰り温泉施設や「ちちぶみやげ市」というお土産などが購入できるショップがありますので、立ち寄ってみてください。

 芝桜と新緑と武甲山のコントラストを美しく見たいなら、午前中の訪問をおススメします。早めに芝桜を鑑賞し、西武秩父駅などの温泉施設で汗を流したり、さらに足を伸ばして長瀞などで観光してもいいでしょう。

●訪問・鑑賞のポイント
(1)往路は横瀬駅、復路は西武秩父駅を利用すべし。
(2)芝桜鑑賞は、午前中にすべし。

 絶景の芝桜を見に、秩父へ出かけませんか。

■羊山公園
・住所: 〒368-0023 埼玉県秩父市大宮6360
・URL: http://www.city.chichibu.lg.jp/1853.html


■西武鉄道(芝桜特集ページ)
・URL: https://www.seiburailway.jp/railways/shibazakura/

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

おすすめの記事

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について