海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >北海道 >北海道 >北海道の銘菓「白い恋人」工場見学だけじゃないエンタメ施設満載の「白い恋人パーク」リニューアル(札幌)

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

北海道の銘菓「白い恋人」工場見学だけじゃないエンタメ施設満載の「白い恋人パーク」リニューアル(札幌)

2019年07月18日

北海道旅行のお土産として定番でもあり、札幌の観光スポットとして、外国人旅行客からの注目も集める、銘菓「白い恋人」のISHIYAが運営する「白い恋人パーク」。2019年7月12日(金)、「観て・知って・味わって・体験できるチョコレートエンターテインメント施設」をテーマに、館内を大幅リニューアルオープンしました。あなただけの「白い恋人」をつくれる体験や、ここだけでしか味わえないスイーツまで、「白い恋人パーク」を堪能しませんか。前編では、今回新設された体験型エンタメ施設からリニューアルした工場見学など、みどころをギュッと濃縮してご紹介。

「白い恋人パーク」について

英国風の庭園、建築物がならぶパーク内

「白い恋人パーク」では、「白い恋人」や、バウムクーヘンなど、ISHIYAが誇る北海道の代名詞ともいうべき銘菓の製造ラインが見学できる他、プロジェクションマッピングを駆使してチョコレートの歴史を学べるコンテンツや、ISHIYAオリジナルスイーツが味わえるカフェ、あなただけの“白い恋人”作りが楽しめる、「観て、知って、味わって、体験できる
チョコレートエンターテインメント施設」です。

夏はバラが咲き誇り、冬はイルミネーションが煌く英国風の庭園は、記念撮影にもおすすめ。札幌の定番観光として訪れたいNo1スポットです。

■「白い恋人パーク」
住所:北海道札幌市⻄区宮の沢2-2-11-36
電話:011-666-1481
営業時間:9:00〜18:00
※一部施設19:00まで。入館最終受付17:00まで
URL:https://www.shiroikoibitopark.jp/

「白い恋人パーク」リニューアルについてISHIYAは、“新たな魅力づくりと混雑緩和”を目的として公表しています。2015年度の来館者数は70万人を超え、2017年度には過去最多の75万人を記録した同施設。

“新たな魅力づくりと混雑緩和”

混雑による長い待ち時間などを課題としていましたが、同年、北広島工場(北海道)新設を機に、製造設備の一部を移動したことで、見学エリアを拡大することに成功しました。そのため、従来の工場見学だけではなく、チョコレートのエンターテインメント施設として各エリアがリニューアル。過去に行ったことがあるあなたも、新しくなった「白い恋人パーク」、ぜひ訪れてみてください。

選べる2つの見学コース「プレミアムファクトリーコース」と「ファクトリーコース」

「プレミアムファクトリーコース」と「ファクトリーコース」

見学には2つのコースが選べるようになりました。

・プレミアムファクトリーコース(所要時間約30分+ファクトリーコース約30分)

プレミアムファクトリーコースでは、架空の「チョコレートを愛しすぎた博士」と、チョコレートの妖精「プルミとラムル」、スタッフが扮する博士の助手との掛け合いで、チョコレートの歴史やおいしさの秘密などを学べ、アンティークコレクションも見ることができます。

▷プレミアムファクトリーコース入館料
個人:1,500円(高校生上)/1,200円(4才~中学生)

【チョコトピアハウス】

また、プロジェクションマッピングによる「タイムトラベルルーム」では、時空を超えてチョコレートの4大革命の瞬間に立ち会うことも!?「コレクションルーム」では、中世ヨーロッパで実際に使われたさまざまなチョコレートカップなどが展示されています。マイセンの貴重なカップは眼福必至!

チョコレートはどうして人々をしあわせにするのか?チョコレートを愛しすぎた博士と一緒に、この秘密を探る、約30分のツアーに出発しましょう。

製造ラインを見学することができる

・ファクトリーコース(所要時間約30分)

【チョコトピアファクトリー】
「白い恋人」製造ラインのほか、新たにバウムクーヘンの製造工程を見学できる、工場見学コース。ここ「白い恋人パーク」では実際に最大で一日30万枚の「白い恋人」が生産されています。(北広島の工場では一日110万枚)
また、バウムクーヘンの製造工程では、稀に“なまらバウムクーヘンTSUMUGI”の製造を見ることができるかも。“なまらバウムクーヘンTSUMUGI”は、北海道の乳業メーカーでもある、よつ葉乳業とISHIYAが共同開発したオリジナルの特選バターを使った人気商品。

【チョコトピアファクトリー】

また、お子さま用にわかりやすく、白い恋人の妖精“白いこびと”たちが繰り広げる「白い恋人ができるまで」をユーモラスな大型ジオラマで再現したセットを楽しむこともできます。スイッチを押したりハンドルをまわしてみたり、外からのアクションで動く、こびとたちの様子も新たな発見があります。親子でお楽しみください。

【チョコレートラウンジ・オックスフォード】

【チョコレートラウンジ・オックスフォード】
チョコレートをメインにここでしか味わえないスイーツをお楽しみいただけます。とっておきの景色とともに贅沢な時間をお過ごしください。

▷ファクトリーコース入館料
個人:600円(高校生上)/300円(4才~中学生)
入館料
※団体料金など詳細はこちらをご覧ください。

テイスティングで味わう、「スタディベース・カカオポッド」

【スタディベース・カカオポッド】
体験型プロジェクションマッピング

【スタディベース・カカオポッド】
入館しなくても楽しめる、トクベツな、博士の研究所。
ここでは、チョコレートを愛しすぎた博士が開発したチョコレートを使って、テイスティング方法を知ることができます。プロジェクションマッピングテーブルを活用し「観て」、チョコレートについて「知って」、カカオニブやチョコレートを「味わって」楽しく学ぶことができます。

■スタディベース・カカオポッド
開催時間:9:30〜16:30(30分間隔)
料金:おひとり1,000円(税込)※3才以下は無料
所要時間:約25分

「白い恋人パーク」住人の賑やかなパレード!「からくり時計塔」

チェダーハウスではシェフの人形が躍る

「白い恋人パーク」内には、建物の中や花壇などいろいろなところに、さまざまなキャラクターがいます。毎日正午になると、開催される“チョコレートカーニバル”では、中庭を賑やかにパレードする様子を見ることができます。

「からくり時計塔」
トロンの仲間たち
ひぐまのトロンや、オットセイのリーベなどがパレード!

「白い恋人パーク」の象徴的な時計塔では、北の国に住んでいるからくり人形のひぐまのトロンとさまざまな動物たちがゆかいなパレードを繰り広げます。こちらはチケット購入の必要はないので、どなたでも楽しむことができますので、ショップで白い恋人を買って、そのチョコレートの甘さに浸りながら、かわいらしいパレードを眺めてみるのも、良い過ごし方かも。

地下鉄「宮の沢」駅から徒歩7分の「白い恋人パーク」

いかがでしたか?これまでも札幌市民、観光客の憩いの場所でもあった「白い恋人パーク」が装いも新たに、ステキなプログラムとともにリニューアル。後編では、お待ちかねの「白い恋人パーク」で楽しめるグルメ情報と、今回のリニューアルでラインナップが増えた新しいお土産もご紹介!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

この記事のハッシュタグ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について