海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >日本 >中国 >岡山 >千鳥発案! 女将大悟と主人ノブがおもてなし「晴れの国は、映えの国でした。」(岡山県)

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

千鳥発案! 女将大悟と主人ノブがおもてなし「晴れの国は、映えの国でした。」(岡山県)

2018年12月20日

岡山県は、観光プロジェクトのPRイベント「岡山県魅力発信プロジェクトPRイベント」を、2018年12月19日(水)、東京都千代田区の都道府県会館にて開催しました。本イベントでは、プロジェクトのキャッチコピー「晴れの国は、映(ば)えの国でした。」が発表され、フォトジェニックな場所という新しい切り口で岡山県の魅力を発信することが宣言されました。また、イメージキャラクターにお笑い芸人の千鳥さんを迎え、観光客の増加を図り、西日本豪雨からの復興の後押しとなることを目指します。

「晴れの国は、映えの国でした。」とは!?

伊原木岡山県知事と千鳥さん

PRイベント当日は、伊原木岡山県知事が登壇し、プロジェクトの概要や実施に至った背景について説明があり、キャッチコピー「晴れの国は、映(ば)えの国でした。」が発表されました。 続いて、お笑い芸人の千鳥さんが本プロジェクトのポスターやWEBサイトで公開されるビジュアルと同じ「女将と主人」の衣装で登場しました。

千鳥さんは、プロジェクトに関する思いや意気込みについて、伊原木岡山県知事とトークセッションを行いました。その後、岡山県内のSNSで映えるスポットの紹介に合わせ、千鳥さんがそのスポットに関してコメントを述べるとともに、各スポットに対してふさわしい表現のハッシュタグを大喜利形式で発表しました。

最後に、岡山県のご当地アイドルSha☆inさんと欅坂46など有名アイドルの楽曲を手掛ける作詞・作曲・編曲家のバグベアさんが登場し、岡山県の復興支援のために制作したチャリティーソングが披露されました。

岡山県のご当地アイドルSha☆inさんと作詞・作曲・編曲家のバグベアさんも一緒に

実はこんなにある!? 岡山県のSNS映えスポット

大喜利形式で観光スポットのハッシュタグを紹介

ステージでは、岡山県内の映えスポットが紹介されました。「王子が岳」の近くにある珍しい形をした「にこにこ岩」や幻想的なライトアップが印象的な「満奇洞(まきどう)」など、千鳥さんも知らなかったスポットや、実はフォトジェニックなスポットが紹介されました。

後半では、紹介されたスポットに対してふさわしいハッシュタグを、千鳥さんがその場でフリップに書いて大喜利形式で発表しました。岡山城と岡山後楽園の間を流れる旭川に浮かぶ桃ボートに対して、#(ハッシュタグ)と形が類似している丼を掛け合わせた「#丼ぶらこ」など、ユーモアを交えながらトークを展開し、会場の笑いを誘いました。

ハッシュタグを考える千鳥さん

映えの国ハッシュタグキャンペーン

「晴れの国は、映(ば)えの国でした。」のポスター

2018年12月19日(水)から2019年3月8日(金)までの期間、岡山県で写真を撮り、「#映えの国」のハッシュタグを付けて、インスタグラムに投稿すると、抽選で豪華な商品がプレゼントされます。投稿された写真のなかから、映えの国編集部が厳選し、「これは!」というものは「映えマップ」としてマッピングされます。

■映えの国ハッシュタグキャンペーン
・開催期間:2018年12月19日(水)~2019年3月8日(金)
・URL:https://baenokuni.jp/

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

おすすめの記事

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について