海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >ヨーロッパ >イタリア >ジェノバ >Rolli days到来!この秋イタリア・ジェノバで押さえておくべき観光名所4選

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

Rolli days到来!この秋イタリア・ジェノバで押さえておくべき観光名所4選

2018年09月27日

地中海を巡るクルーズ旅行のおもな寄港地として知られるイタリア・ジェノバ。昔ながらの港街ジェノバに立ち寄った際には、何をしたらよいか悩む方も多いのではないでしょうか。ローマのコロッセオ、パリのエッフェル塔などのような、“一番の目玉”というべき観光名所がなかなか思い浮かばないというのも、素朴な街ジェノバらしいところ。そこで、秋に注目のイベントとともに、ここを押さえればジェノバを存分に楽しめるという必見の観光名所を紹介します。

10月13日(土)~10月14日(日)は Rolli days!

ジェノバ商工会議所
ニコロジオ・ロメリーノ宮

2018年10月13日(土)~10月14日(日)には、ジェノバ最大級の行事のひとつである Rolli days が行われます。Rolli days とは、毎年春・秋に開催される、ジェノバの世界遺産「レ・ストラーデ・ヌオーヴェ(新通り)とパラッツィ・デイ・ロッリ制度」をPRするためのイベントです。

このイベントの期間中は、多くの博物館、美術館などが割引、または無料で公開されるほか、普段は一般公開されていない邸宅等も特別に見学することができます。また、通常は行われていない夜間入場や邸宅のサロンを利用したコンサートなどのイベントも多数予定されています。

この2日間にジェノバを訪れるという方は、大チャンスです。ジェノバ各地で開催されているさまざまなイベントを、公式サイトでチェックしてみてください。

■Rolli days
・開催期間:2018年10月13日(土)~10月14日(日)
・URL:http://www.visitgenoa.it/evento/rolli-days-ottobre-2018

ジェノバの富と美が結集した「ガリバルディ通り」

ガリバルディ通り

秋の街並みを感じられる、ジェノバの顔を紹介します。「ガリバルディ通り(Via Garibaldi)」は、イタリア統一の英雄であるガリバルディの名があてがわれた通りです。かつては「新通り」と呼ばれていた、ジェノバの歴史を象徴するもっとも美しい道です。

この界隈は、「レ・ストラーデ・ヌオーヴェ(新通り)とパラッツィ・デイ・ロッリ制度」という名で世界遺産に登録されています。

遡ること16世紀、訪問した外国の有力者に対して、国としてのメンツを保つことが極めて重要だった時代。当時のジェノバ共和国は、「国家は貧しく、私人は裕福」といわれ、公設の迎賓館を建設することは困難でした。そこで、新たに「新通り」を整備し、裕福な貴族たちにそれぞれ立派な屋敷を建てさせ、そのなかから客人を滞在させる場所を選ぶという「ロッリ(≒登録簿)制度」が採用されました。

銀行業を営む貴族たちは、「私はいつでも融資できるだけの資産がある」とアピールするべく、競って目を引くような美しい邸宅を建設したそうです。最先端の建築デザインを取り入れた邸宅がずらりと並ぶさまと、文字通り膨大なカネが動く金融街ということから、当時は “黄金通り” と呼ばれていたといいます。

■ガリバルディ通り(Via Garibaldi)
・住所:Via Garibaldi, 16124 Genova GE, Italy

かつてのジェノバの心臓「サン・ジョルジョ宮」と「バンキ広場」

サン・ジョルジョ宮

「新通り」がジェノバの顔であったならば、こちらはジェノバの心臓であったといえるでしょう。ジェノバの旧港(現ポルト・アンティコ地区)に入港した船舶が、最初に出合うのが「サン・ジョルジョ宮(Palazzo di San Giorgio)」でした。

ジェノバの歴史における偉人たちが描かれたこの宮殿には、かつてジェノバの経済を掌握していた世界最古の中央銀行のひとつ「サン・ジョルジョ銀行」が座していました。中世から増改築を繰り返してきた建物ですが、マルコ・ポーロの『東方見聞録』が記されたのも、ここであるといわれています。

宮殿の横を山側へ入っていくと、小さな広場に出ます。このバンキ広場は見かけによらず、かつてはさまざまな商取引が行われていた国際経済の重要拠点でした。

興味深いのは広場に建つ「サン・ピエトロ・イン・バンキ教会」。ジェノバでは珍しく、16世紀に国費のみで建てられた教会です。お金がなかったジェノバ共和国ですが、その資金調達は教会の下の店舗からの家賃収入がおもだったといわれています。

■サン・ジョルジョ宮(Palazzo di San Giorgio)
・住所:Via della Mercanzia,16123, Genova GE, Italy
※内部は通常一般公開されていません

圧巻の教会建築は見逃せない「サン・シーロ教会」

サン・シーロ教会の内部

17世紀頃、ジェノバでは、多くの教会が裕福な貴族らの出資を受けて改装されました。当時は、バロック様式が全盛期で、金の装飾をふんだんに使った華美できらびやかな内装が主流でした。

「ガリバルディ通り」から少し下ったところにそびえる「サン・シーロ教会(Basilica di San Siro)」は、ジェノバでもっとも古い教会のひとつで、10世紀頃までは、市の中心的な聖堂でした。1580年に火災で焼失した後、すぐに再建され、当時の最新の装飾が施されました。厳かな雰囲気のなか、黄金に輝く天井装飾はまさに圧巻です。

■サン・シーロ教会(Basilica di San Siro)
・住所:Via San Siro, 4, 16124 Genova GE, Italy
・公開時間:8:00~12:00、16:00~19:00

路地裏での名店探しが楽しい「サン・ベルナルド通り」

サン・ベルナルド通り

ジェノバっ子が大好きな夜の過ごし方は、路地裏のレストランやバールに繰り出して、友人たちとワイワイとしゃべりながらお酒を飲む、というものです。

「サン・ロレンツォ大聖堂」のある通りから西側に入ったところにある「サン・ベルナルド通り(Via San Bernardo)」や、「ジュスティニアーニ通り(Via dei Giustiniani)」の周辺は、狭くて入り組んだ路地にもかかわらず、週末の夜には地元の人でいっぱいになります。

これらの通りは、夜遅くまでかなりの人出がありますので、暗くなっても比較的安全です。実は、このあたりの路地裏には、地元でも指折りのおいしい店がいくつも隠れています。ひと味違ったジェノバの旅に、隠れ家的名店探しを楽しんでみてはいかがでしょうか。

■サン・ベルナルド通り(Via San Bernardo)
・住所:Via San Bernardo Genova GE, Italy

いかがでしたか。秋に注目のイベントと、ジェノバを存分に楽しめる必見の観光名所を4つ紹介しました。今度のイタリア・ジェノバ旅行の参考にしてみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

この記事のハッシュタグ

おすすめの記事

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について