海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >宿泊施設 >日本 >関東 >神奈川 >【360°】絢爛豪華な客船「ダイヤモンド・プリンセス」で憧れの船旅へ!体験レポートその1

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

【360°】絢爛豪華な客船「ダイヤモンド・プリンセス」で憧れの船旅へ!体験レポートその1

2019年01月16日

優雅なショッピング、ラグジュアリーなホテル、バリエーションに富んだグルメの数々や船内で催されるショーやイベントなど、まるで大型リゾートホテルを海に浮かべたような豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」。国際的なプレミアムクルーズライン、プリンセス・クルーズ社が運航している同船で、身近になったクルーズ旅。あなたの憧れを叶えてみませんか?シリーズでお届けする「ダイヤモンド・プリンセス」の船旅をレポートします。

ダイヤモンド・プリンセス日本発着クルーズ

海上を眺めるバルコニーの部屋が並ぶ

横浜の大さん橋客船ターミナル(最寄り駅:日本大通り)にその名に偽りなく気品に溢れた船体を停泊する、豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」。日本国内からは横浜と神戸を母港とし、行先は地球の歩き方海外旅行先人気ランキングでも上位を常にキープしている台湾のほか、韓国、中国、ロシア、香港、ベトナムなどさまざまなコースがあります。また、船には飛行機旅にはない”寄港地”のプランを立てられることも魅力の一つ。例えば、台湾行きの途中、寄港先の沖縄で半日観光、そんな自由が船旅の醍醐味です。

▷【関連記事】プリンセス・クルーズの新プロダクション・ショー 『ザ・シークレット・シルク』日本上演記念イベント

散歩する人も多い7Fプロムナード。端までは約290m。

船の構造は階層で表すとなんと18Fまで。(一般乗船客が利用可能なフロアは4F~18F)ホテルでいうフロントのある6Fを中心として、5F~7Fにショップ・レストラン・シアター・カジノなどが集まり、14Fからは屋内・外のジャグジープールやスパ、屋外シアター、バー、スポーツコートなど、エンタメ設備のフロアとなります。全長は約290mありますので、船内とはいえ”約束の時間”に遅れないように注意しましょう。

5~7Fまで3層吹き抜けのアトリウム。

360度でお届けするのは、ダイヤモンド・プリンセスが誇るアトリウム。


今回、取材で使用した、360°リアルな世界を記録、再現する『RICOH THETA V』。14M相当の高画質360°静止画、4K動画撮影、4chマイクによる360°空間音声記録に対応したハイエンドモデル。

▷『RICOH THETA V』の詳細はこちらから。

チップいらず!船内は完全キャッシュレス

船内はキャッシュレス

プリンセス・クルーズでは乗船前にクルーズ中に使用するクルーズカードを発行します。船内はキャッシュレスのため、クレジットカード情報を登録するか、現金をデポジットとして預ける必要があり、このクルーズカードで支払いを行うことになります。もちろん、部屋の鍵としての機能もあります。実際に発行されたカードがこちら。A枠は避難訓練の会場を示し、(出港前に必ず避難訓練に参加します)B枠は夕食会場が表記されています。このカードの場合、デッキ6(6F)のインターナショナル・ダイニング(International Dining)です。

水平線を見渡せる海側の部屋で!

プレミアム・ジュニア・スイートの客室

客室はスイート、プレミアム・ジュニア・スイート、ジュニア・スイートなど15種類におよぶさまざまなカテゴリーがあり、カテゴリーにより海側か、内側かに分かれます。海側のバルコニー付の部屋はカーテンを開けると窓の外に広がる水平線を眺めながら、ゆったりくつろげるプライベート・バルコニーがありますので、おすすめです。画像は、プレミアム・ジュニア・スイートの客室。リビングエリアにはソファベッド、テレビ(2台)、ハンドシャワー付きのバスタブもある地上のホテルと遜色ない設備で、海の上にいることを忘れてしまいそうな快適空間。

プレミアム・ジュニア・スイートの特典ウェルカム・ワイン
フルーツとカナッペ

部屋にはゲストを出迎えてくれるプレミアム・ジュニア・スイートの特典(ウェルカム・ワインとカナッペ、フルーツ)が置かれ、これからの滞在の気分を高揚させてくれます。また、プライベート・バルコニー付きの部屋では、ルームサービスを注文して、バルコニーで楽しむこともできます。朝の爽やかな海風を受けながら、大切な人と朝食の時間をつくってみてはいかがでしょうか。

針路は台湾へ!横浜港を出港!

出港時はパーティのようなお祭りムード

ライトアップされた横浜赤レンガ倉庫を眼下に、ダイヤモンド・プリンセスは出港します。この日のクルーズのコースは横浜発着で、寄港地は名古屋、大阪、沖縄、台湾を巡ります。

7Fプロムナードや14Fリド・デッキには賑やかな音楽とともに乗客が集まり、乗務員によるウエルカム・パーティも催され、辺り一面はお祭りのよう。汽笛を鳴らしながらゆっくりと港を離れる、船旅特有の”離陸”に、空の旅に慣れている方は戸惑うかも?

横浜ベイブリッジの真下をスレスレで通過します

横浜といえば、ランドマークともいえるベイブリッジ。橋げたの高さ55mのこの橋を、ダイヤモンド・プリンセスがスレスレで直下を通過する様は圧巻。なかなか見られることのないベイブリッジ通過の瞬間は、ぜひご自身で体験してみてください。

キャプテンご一行による鏡割りセレモニー

ダイヤモンド・プリンセスでは船内のいたるところでイベントが催されています。アトリウムのでは出港に際し、船旅の安全を祈願する鏡割りセレモニーが催されていました。ハッピを着て参加しているのは…なんと、キャプテン!日本の風習をオール海外キャストでおこなう鏡割り、外国客船の日本発着クルーズならではのイベントです。

今回からシリーズでお届けする、豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」クルーズ旅レポ。次回は船内での食事や日本式な入浴施設にフォーカスします。

ダイヤモンド・プリンセスのココがスゴイ!「屋外シアター」

15Fサンデッキ「ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ」

ダイヤモンド・プリンセスにはさまざまなエンタメ施設がありますが、特に人気があるのが、15Fサン・デッキにある屋外シアターの「ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ」(Movies Under the Stars)。ここでは毎日数回、決められた時間に最新ハリウッド映画や名画などを上映しています。温水のジャグジープールに浸かりながら、周囲に設置されたプールサイドチェアにもたれながら、思い思いに楽しむことができます。

14/15Fどちらからでも観賞席がある

夜にはデッキチェアに専用マットレスが敷かれ、ブランケットなども借りられます。バーでは飲み物(有料)もオーダーすることができ、同フロアのポップコーンやソフトクリーム、ハンバーガーなどは無料で提供されています。大海原で星空を眺めながらの映画鑑賞、一生の思い出になること間違いなしです。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

この記事のハッシュタグ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について