海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >宿泊施設 >日本 >関東 >群馬 >この冬行くべき【草津】の名湯おすすめ厳選宿5選と周辺観光スポット案内(群馬)

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この冬行くべき【草津】の名湯おすすめ厳選宿5選と周辺観光スポット案内(群馬)

2018年01月11日

日本三名泉といえば、有馬温泉(兵庫)、下呂温泉(岐阜)、そして草津温泉(群馬)。古くは室町時代の僧がこの3つの温泉を三名泉として書き残して以来、江戸時代には徳川家康から4代将軍家綱まで仕えた儒学者の林羅山(はやし らざん)も詩に詠むなどの歴史があります。関東圏においては、恋煩いを「お医者様でも草津の湯でも~」と表現したり、「草津よいとこ一度はおいで♪」の草津節で老若男女から古くから愛され、親しまれ続けています。群馬県吾妻郡にある名湯、草津温泉をクローズアップします。冬も本番になり、外気の寒さが身にしみる今日この頃、アツーイ温泉でほっこり湯治の旅なんていかがでしょうか。

圧巻の”湯畑ビュー”を堪能、ホテル一井

ホテル一井©Booking.com
和風情緒あふれる庭園風の露天風呂©Booking.com

最初にご紹介するのは、草津旅行・観光の中心ともなる湯畑を眼下に見渡せる部屋が特徴のホテル一井。オーシャンビューでもナイトビューでもなく、草津だけでしか体験できない湯畑ビューは貴重かもしれません。名称は一番井戸に由来し、江戸時代中期に旅館として創業を開始してからの300年の歴史あるホテルです。6つの源泉がある草津ですが、一井ではそのうち2つの源泉を引いた温泉を楽しむことができます。大浴場は白濁した「湯畑前白旗源泉」、露天風呂は透明の「白根山万代鉱源泉」の天然温泉が掛け流しとなっています。
湯畑周辺の限られた宿のみ使用可能な「湯畑前白旗源泉」は散策時に鼻腔をかすめる豊かな硫黄の香り。草津にきた実感とともに、草津の湯をご堪能ください。


・住所:〒377-1711
群馬県吾妻郡草津町411(MAP)
・駐車場:乗用車100台(高さ2.8mまで)
・URL:http://www.hotel-ichii.co.jp/

ホテル一井
ホテル一井と周辺のホテル
草津町【湯畑正面】
草津温泉の観光中心部に位置する人気ホテル
※クチコミ人気

趣ある和風旅館、永田屋(えいだや)

和風モダンな佇まいのお宿©Booking.com

築50年以上の湯治宿を2016年8月にリノベーションした、永田屋。館内にはレトロな家具や古民具が随所に置かれ、宿泊客にどこか懐かしい郷愁の念を感じさせてくれます。温泉は、草津6つの源泉の一つ、万代鉱(ばんだいこう)源泉掛け流し。1970年に硫黄鉱山の坑道から噴出した新しい源泉です。


・住所:〒377-1711
群馬県吾妻郡草津町大字草津464-285(MAP)
・URL:http://www.eidaya.com/

草津温泉 永田屋
草津温泉 永田屋と周辺のホテル
草津町【湯畑から約500m】
ゲレンデ直結、草津国際スキー場から800m
※クチコミ人気

毎晩の和太鼓、湯もみショーは必見!ホテル櫻井

館内施設はレストランも宴会場も広大©Booking.com

湯畑まで徒歩で9分と少し距離はあるものの、コンビニが目の前、広大なエントランスにお土産やレストランなど館内設備の充実ぶりにおいてはホテル内で一日過ごすことも可能なホテル櫻井。毎晩、名物のMCによる、お客も体験できる湯もみショーや、ホテルの従業員を中心に結成された和太鼓チームによる演奏を楽しむことができます。温泉は、草津6つの源泉のうち3つの源泉があり、万代鉱(ばんだいこう)源泉、温泉街西側の荒原地帯に湧く西の河原湯源泉、お好み焼き屋さんのの下より湧き出る、わたの湯源泉。特徴は草津温泉郷最大級の約20mにも及ぶ大浴場。均一の温度ではなく、端から熱め、ぬるめまでカバーされているので、熱いお湯が苦手な方でも大丈夫です。


・住所:〒377-1711
群馬県吾妻郡草津町465-4(MAP)
・URL:http://hotel-sakurai.co.jp/

ホテル櫻井
ホテル櫻井と周辺のホテル
草津町【湯畑から約9分】
豪勢なビュッフェ、湯畑への送迎、無料Wi-Fi完備
※クチコミ人気

見事なしゃくなげ庭園を望む、草津温泉 望雲

雪化粧が映える望雲の露天風呂©Booking.com

湯畑から徒歩3分、しゃくなげ庭園が自慢の旅館です。雪景色と露天風呂、という冬の温泉イメージにぴったりの和風旅館。


・住所:〒377-1711
群馬県吾妻郡草津町433(MAP)
・URL:http://www.hotelboun.com/

色とりどりの女性用柄ゆかたサービス、旅館たむら

明治7年創業138年の老舗旅館©Booking.com

江戸末期創業より今も変わらず草津で歴史を刻む老舗の湯宿。


・住所:〒377-1711
群馬県吾妻郡草津町草津305(MAP)
・URL:http://www.ryokan-tamura.co.jp/

草津観光の中心でもある源泉「湯畑」(ゆばたけ)

自然湧出量毎分32,300リットル以上の源泉・湯畑

草津を代表する源泉の一つ湯畑は全国的にも珍しい、湯が滝のように湧き出る光景を見ることができる源泉です。自然湧出量は毎分32,300リットル以上、1日にドラム缶約23万本分もの温泉が湧き出しています。観光、散策の中心地でもあり、周囲には旅館やホテルだけでなく飲食店や遊興施設、お土産屋などが軒を連ねています。湯畑では、湧き出た湯を画像のような木樋に通すことで、外気に冷やされて高温の湯がほどよい温度になる仕組みです。

夜の湯畑ライトアップ

昼と夜の湯畑は違った顔を見せてくれます。夜になると青や紫の幻想的なライトアップがおこなわれ、映画やステージの1シーンのような光景と湯けむりに文字通り包まれることになります。オレンジ色の照明、一色のほうが温泉気分に浸れるかも?冬は外気が寒いせいか、立ち込める湯けむりが平時より多く、周辺散策路では湯気で人の姿が見えなくなるほどです。

湯気たちこめる温泉の川、西の河原公園

寒い日には手を温泉で温めながら散策したいですね。

湯畑から、旅館や飲食店で賑わう西の河原通りを抜けると、片岡鶴太郎美術館が見えてきます。そこからさらに奥に進むと、西の河原(さいのかわら)公園の入口があり、草津の6つの源泉の一つ、西の河原が広がっています。湯気をのぼらせながら流れる川はまさに温泉観光地として雰囲気抜群。無料で使える公共の足湯や、奥には有料の露天風呂もあり、散策にはちょうど良いスポットです。

草津温泉 西の河原露天風呂の公式サイトはこちら。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

おすすめの記事

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について