× 閉じる

海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >歴史上の人物 >日本 >九州 >鹿児島 >NHK大河ドラマ『西郷どん』で大注目!鹿児島旅行の記念撮影はココで!(鹿児島県仙厳園)

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

NHK大河ドラマ『西郷どん』で大注目!鹿児島旅行の記念撮影はココで!(鹿児島県仙厳園)

2017年12月06日

来年2017年1月7日(日)午後8時から始まるNHK大河ドラマ『西郷どん』。来年で明治維新150年であることを受け、その明治維新の立役者、西郷隆盛の勇気と愛に溢れた生涯を綴ります。そんな『西郷どん』への期待が高まるなか、今、鹿児島ではゆかりの地を訪ねる“大河の旅”が人気急上昇中!そこで、鹿児島旅行の記念撮影にぴったりな「仙厳園」をご紹介します。

鹿児島の名所「仙厳園」とは

島津家の別邸「仙厳園」

大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地を訪れるなら、真っ先に名を挙げたいのが「仙厳園」です。「仙厳園」は、西郷隆盛とは切っても切れない縁をもつ鹿児島藩主、島津家の別邸です。1658年、第19代当主島津光久が威信をかけて造らせた大名庭園です。日本庭園の技法である築山(つきやま)に桜島を、池泉(ちせん)に錦江湾を見立て、従来の庭園のスケールを遥かに超えた雄大な造りが特徴です。

写真撮影の流れ

本格的な甲冑を着装できる珍しい体験

島津家の別邸である「仙巌園」では、2017年12月8日(金)~10日(日)、12月15日(金)~17日(日)の期間、甲冑を着て記念撮影ができるアトラクションを開催する予定です。本格的な甲冑を着装できる珍しい体験ができますよ。甲冑を着装したら、室内で2パターン、屋外で2パターン、計4パターンの記念撮影を行います。撮影後は4つのパターンの中からお好きな1パターンを現像し、ほかの撮影データと共に郵送します。所要時間は着装、撮影を含め、およそ45分です。

甲冑の種類

記念撮影に人気の島津義弘の鎧

記念撮影のために甲冑を3種類ご用意しています。着装できるのは戦国時代に活躍した島津義弘の鎧と、伊達政宗の鎧、そして、お子さま用に真田幸村の鎧をご用意しています。甲冑の着付けから撮影まで専門のスタッフがお手伝いしますので、甲冑を着るのが初めての方(ほとんどの方が初めてですよね)でも安心です。雄大な桜島をバックに鹿児島旅行の思い出に残る撮影をお楽しみください。


DATA
甲冑着装写真
期間:2017年12月8日(金)~10日(日)、15日(金)~17日(日)
場所:仙巌園内 秀成荘
住所:鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1(MAP)
料金:島津義弘鎧8000円、伊達政宗鎧6000円、真田幸村鎧(子供用)4000円
※仙巌園入場料、撮影料込
所要時間:約45分(うち甲冑の着脱時間約25分)
撮影:晴天時室内2パターン、屋外2パターン/雨天時室内4パターン
公式サイト

甲冑の着付けから撮影まで専門のスタッフがお手伝い

仙厳園への行き方

鹿児島観光なら「まち巡りバス」が便利

仙厳園へのアクセスは、鹿児島中央駅を中心に主要観光スポットを巡る「まち巡りバス」の利用が便利です。朝8時台から夕刻18時台にかけて約20分おきに運行しているバスで、1日27便が巡回しています。一周の所要時間はおよそ60分。「仙巌園前」のバス停で下車ください。運賃は大人170円、小人90円です。観光スポットを3ヵ所以上訪れる方は1日乗車券(大人500円、小人250円)がおすすめです。

NHK大河ドラマ『西郷どん』で大注目の鹿児島。旅の思い出はぜひ甲冑を着て「仙厳園」で撮ってみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

おすすめの記事