海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >歴史上の人物 >日本 >近畿 >滋賀 >滋賀県のフォトジェニックな寺社仏閣4選!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

滋賀県のフォトジェニックな寺社仏閣4選!

2019年06月01日

 この夏に向けて、思わず撮影したくなる滋賀県の寺社仏閣スポットを4つ紹介します。滋賀県といえば、2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台でもあります。主人公の戦国武将・明智光秀の墓が滋賀県の西教寺にあるからです。今後、さらに注目が集まる滋賀県のフォトジェニックスポットへ出かけてみませんか。

国指定の名勝!カフェもオススメな青岸寺(米原市)

抹茶ガトーショコラと薄茶
日々の喧騒から離れて・・・

 米原市にある青岸寺は、琵琶湖の東部に点在する「近江七福神」の一寺院です。本堂裏手にある庭園は、1934年に国の名勝に指定されました。裏山を背景に、山腹を利用して築かれた回遊式と観賞式を兼ねた庭園は、雨上がりが格別美しいと評判です。

 また、2018年にオープンした寺カフェ「喫茶去」もオススメです。禅語で「お茶でも飲んできなさい」という言葉から命名されたのだとか。こだわりのサイフォン珈琲やケーキセット、お地蔵様を描いたラテなどバラエティーに富んだメニューがあります。店内も素敵な撮影スポットになっていますので、日々の喧騒から離れて、美しい庭園を見ながらちょっと一服してみるというのはいかがでしょうか(喫茶は庭園拝観者のみの提供)。

■青岸寺
・住所: 〒521-0012 滋賀県米原市米原669
・最寄駅: JR米原駅より徒歩5分
・URL: http://www.seiganji.org/

別名「アジサイ寺」!花スポットの全長寺(長浜市)

60種計1600株が咲き誇る
フォトジェニックなあじさい

 全長寺は、1597年に開山した寺で長浜市にあります。有名な「賤ヶ岳の戦い」で活躍した毛受兄弟の供養寺とのこと。

 この全長寺では、例年6月下旬から7月上旬にかけて、たくさんのあじさいを見ることができます。寺の住職が地域の活性化と境内の美観を保つためにあじさいを植え始めたのだといいます。今では60種計1600株のあじさいが境内に咲き誇ります。花の色も種類豊かで、フォトジェニックな写真が撮影できると評判です。

■全長寺
・住所: 〒529-0536 滋賀県長浜市余呉町池原885
・最寄駅: JR木ノ本駅よりバスに乗車、今市バス停下車後、徒歩5分
・URL: http://www.e-kohoku.net/zenchoji/

とってもかわいいウサギ!?三尾神社(大津市)

めおと卯
ご神紋である真向きのウサギが描かれている

 三尾神社は、1426年に足利将軍が社殿を再興したものと言われ、地元の大津市では「みおんさん」と親しまれる神社です。

 三尾神社の見どころは、ウサギです。ウサギを神の使いとして祀っていて、境内のいたるところでかわいい姿をしたウサギの置物やイラストを見ることができます。拝殿のそばに建っている2羽のウサギは「めおと卯」と呼ばれて、安産や子授かり祈願にご利益があるのだとか。卯年生まれの方、カップルや夫婦での参拝はいかがでしょうか。

 ところで、三尾神社がウサギを祀っているのは、太古の頃、伊弉諾尊(イザナギノミコト)が長等山の地主神として降臨したのが縁起の始まりなのだといいます。神はいつも赤、白、黒三本の腰帯を垂らしていたのが三つの尾を曳くように見えたところから「三尾大神」と名づけられました。腰帯は、それぞれ赤尾神、白尾神、黒尾神となられ、本神である赤尾神の出現が卯の年、卯の月、卯の日、卯の刻に、卯の方角からであったため、ウサギが神の使いとされているのだとか。

■三尾神社
・住所: 〒520-0036 滋賀県大津市園城寺町251
・最寄駅: 京阪電気鉄道石山坂本線・三井寺駅より徒歩7分
・URL: https://otsu.or.jp/thingstodo/spot128

絶景!琵琶湖畔に建つ七本柳の鳥居(大津市)

時間によって景色が変わる!?

 七本柳の鳥居は、2020年のNHK大河ドラマの主役、明智光秀の銅像が建つ坂本城址公園のそば、琵琶湖にせり出すところにあります。上部に三角形の破風(屋根)が乗った形をした鳥居で、「山王鳥居」と呼ばれ、非常に珍しい形なのだとか。

 なお、日の出の時間には、鳥居の間から昇る朝日を撮影することができ、絶景なのだといいます。また、日の出の時間以外でも素敵な写真が撮影できるということで評判です。七本柳の鳥居は、背後の琵琶湖や空の色が刻々と変化するフォトジェニックなスポットです。

■七本柳の鳥居
・住所: 〒520-0105 滋賀県大津市下阪本1-32
・最寄駅: 京阪電気鉄道石山坂本線・松ノ馬場駅より徒歩20分

 滋賀県のフォトジェニックな寺社仏閣を4つ紹介しました。2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台、滋賀県に出かけてみませんか。

■滋賀県公式観光サイト『滋賀・びわ湖観光情報』
・URL: https://www.biwako-visitors.jp/

[あわせて読みたい]『麒麟がくる』の主人公・明智光秀ゆかりの地めぐり!

「西教寺」の本堂

 2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀ゆかりの地を紹介します。「地球の歩き方ニュース&レポート(オリジナルサイト)」上でこの記事をご覧になっている方は、「詳細記事はこちら」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、オリジナルサイトの記事内に設けられた黄色いボタン「詳細記事はこちら」からお楽しみいただけます。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について