× 閉じる

海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >東海 >伊豆 >伊豆「土肥桜まつり」 開花情報とイチゴ狩り ひと足はやい春の訪れ(静岡県・伊豆市)

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

伊豆「土肥桜まつり」 開花情報とイチゴ狩り ひと足はやい春の訪れ(静岡県・伊豆市)

2018年01月12日

静岡県の伊豆半島にある伊豆市から桜の開花の便りが届きました。桜といっても「ソメイヨシノ」ではなく、「土肥(とい)桜」です。3月下旬頃から日本各地の春に咲きほこる「ソメイヨシノ」よりも2ヶ月以上も早く咲き始めるピンク色の花びらが特長の桜です。ひと足はやい花見情報をお伝えします。また、周辺では「イチゴ狩り」なども楽しめますので、花見とともに楽しめる観光情報も紹介します。

「土肥桜」の特長は!?

濃いピンクの花びらが可憐で美しい「土肥桜」は、静岡県伊豆市土肥町(旧土肥町八木沢地区)に古くからあった種類で、昭和30年代ころから土肥周辺で接ぎ木による増殖を行ってきたものです。「土肥桜」には、花びらが大きくて、濃いピンク色の「紅種」と、薄いピンク色の「白種」の2種類があります。毎年、12月下旬からつぼみがほころびはじめ、1月上旬に開花し、2月中旬まで 咲き続けます。有名な「ソメイヨシノ」が開花から1週間程度で散ってしまうことと比べると「息の長い」桜といえるでしょう。

1月中旬から下旬頃に見頃を迎え、伊豆市内の「松原公園」などで「土肥桜まつり」が開催されます。

「土肥桜まつり2018」の開催時期・開催場所は!?

「土肥桜まつり2018」は、2018年1月21日(日)~2月4日(日)まで、静岡県伊豆市内の土肥「松原公園」芝生広場などで開催されます。期間中、お茶の無料サービスや特産品の直売、スタンプラリー、無料ガイドツアーなどのイベントも開催されます。

また、「松原公園」だけではなく、市内の万福寺、土肥神社、土肥金山、丸山スポーツ公園などでも土肥桜を見ることができます。特に、土肥金山では、1月20日(土)~2月4日(日)の18時30分から21時まで「土肥金山の夜桜ライトアップ」も実施されます。なお、土肥金山といえば、江戸時代から昭和にかけて金が採掘されていたところで、新潟の佐渡金山に次ぐ生産量を誇ったという伊豆最大の金山です。いまでは、『ギネス』世界一の巨大金塊に触れたり、砂金採り体験など家族で楽しめる「金のテーマパーク」となっています。

■土肥桜まつり2018(土肥・松原公園)
・住所: 〒410-3302 静岡県伊豆市土肥2657-6
・URL: http://www.toi-annai.com/


■伊豆市土肥桜開花情報
・URL: http://blog.goo.ne.jp/sasuke_9648001


■土肥金山
・住所: 〒410-3302 静岡県伊豆市土肥2726
・URL: https://www.toikinzan.com/

土肥周辺で「イチゴ狩り」などの観光を楽しもう!

土肥を含む伊豆市や周辺は、イチゴ狩りが出来る観光農園がたくさんあります。

土肥港から土肥温泉街を通り、有名温泉地の修善寺方向へアクセス出来る「西伊豆バイパス」の通り沿い、さらに修善寺の先の伊豆長岡の周辺など伊豆半島の中央部にイチゴ農園が点在しています。

また、イチゴ狩りだけではなく、さまざまな観光スポットもあります。伊豆半島から駿河湾越しに富士山の絶景を見ることができるフォトジェニックなスポット「恋人岬」、金鉱の中から湧き出した土肥温泉発祥の湯と言われる「安楽寺 まぶ湯」、手ぶらで行っても楽しめる入り江を網で仕切っただけの天然の釣堀「フィッシングパークTOI」など見所満載です。

伊豆市の土肥地区は、温泉旅館も多く、新鮮な魚介類をはじめとするグルメと温泉を目当てに多くの観光客が訪れています。土肥桜のお花見とともに、1泊すればゆったりと過ごせるでしょう。

土肥、伊豆市へのアクセス方法は!?

静岡県伊豆市の土肥地区へのアクセス方法をご紹介します。

公共交通機関で行く場合、以下のような方法があります。
1、東海道新幹線三島駅から伊豆箱根鉄道で終点の修善寺で下車、路線バスで約50分
2、東京駅から修善寺駅まで直通する特急列車「踊り子」号で修善寺で下車、路線バスで約50分
3、JR東海道線清水駅から路線バス「しずてつジャストライン」の三保山の手線で「波止場・フェルケール博物館」バス停下車、清水港から駿河湾フェリーで土肥港まで約65分

早春の伊豆・土肥へでかけてみませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

おすすめの記事