海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >甲信越 >長野 >天然氷を滑ろう!軽井沢・星野エリアの「ケラ池スケートリンク」12月20日に全面オープン!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

天然氷を滑ろう!軽井沢・星野エリアの「ケラ池スケートリンク」12月20日に全面オープン!

2020年12月03日

星野リゾートが運営する、軽井沢の屋外スケート場「ケラ池スケートリンク」に、冷却装置を使わず冬の寒さだけで凍らせる「天然氷エリア」が、今シーズンももうすぐオープンします。森を感じるスケートリンクをコンセプトとする本リンクでは、氷の中の落ち葉を探したり、冠雪の浅間山を眺めたりしながら、まるで氷上を散歩するかのようにスケートを楽しむことができます。天然氷エリアのオープン予定日は2020年12月20日。“3密”回避で楽しめる屋外スケートは、冬にイチ押しのアクティビティです。

スケートと自然を同時に楽しめる!

約1080平方メートルの池が自由に滑走できるように

ケラ池スケートリンクは、森の中にある池が凍ってできます。軽井沢野鳥の森に隣接し、周辺には多くの野鳥や動物が生息しています。そのような場所にあるため、“スケーティングとともに周辺の自然も楽しめる、森を感じるスケートリンク”をコンセプトにしています。
同リンクは、まるで散歩をしているかのように自由にスケートを楽しめます。一般的なリンクのように、一定方向にグルグルと回る必要はありません。池にある小さな島を巡ったり、天然氷に閉じ込められた森の落ち葉を探したりしながら、思い思いに過ごすことができます。
すでに一部がオープンしており、今シーズンは2021年3月7日までの営業を予定しています。

ケラ池スケートリンクには、冬の寒さに加えて冷却装置の助けを借りる“人工エリア”(既オープン)と、寒さのみで凍らせる“天然氷エリア”があります。12月20日頃になると、天然氷エリアが結氷し、約1080平方メートルある池の全面が滑走可能になります。透明度が高くツルツルとよく滑る天然氷エリアは、2月20日頃まで滑ることができます。
天然氷のリンクは今や希少な存在。古くからスケートが盛んだった軽井沢においても、2020年現在、天然氷の上でスケートができるのは同リンクだけです。

野鳥の声をBGMにホットドリンクでひと休み

野鳥のカフェラテ600円 コーヒー・ココア各500円(※本記事内の価格はすべて税込)

スケートリンク・サイドの「イカルカフェ」では、コーヒーやココアなどのホットドリンクを販売します。特におすすめしたいのは、ココアパウダーで森の野鳥を描いたカフェラテ。絵柄は4種類で、いずれもリンク周辺でよく見かける野鳥です。
一般的なスケートリンクでは飲食が禁止されていますが、本リンクでは、氷上のベンチにドリンクをテイクアウトすることができます。

■ケラ池スケートリンク
・期間: 2020年10月16日~2021年3月7日(2021年1月19日~21日は休業) 天然氷エリアの滑走可能期間は12月20日頃~2月20日頃
・時間: 10:00~16:00
・料金: 大人(中学生以上)1900円 小学生以下1300円 ※貸靴料を含む
・スケート靴のサイズ: 15~30㎝
・スケート靴のタイプ: フィギュアスケート用
・リンクの広さ: 約1080平方メートル(うち天然氷エリアは740平方メートル)
※天候により期間や時間の変動、臨時休業の場合あり。滑走時は手袋、ニット帽、マスクを着用のこと。手袋およびニット帽は販売あり(手袋300円、ニット帽500円)。ヘルメットの無料レンタルあり。
・電話: 0267-45-7777(ピッキオ)
・URL: http://www.hoshino-area.jp/archives/area/skate

●安心してスケートを楽しむための3密回避と衛生管理
同リンクでは、新型コロナウィルス感染症拡大防止対策の一環として、以下の対応を行っています。

<3密回避>
・屋外での受付
・入場人数制限による、氷上やリンクサイドのカフェでの混雑回避
・カフェスペースの換気徹底
<衛生管理>
・リンクサイド及び受付に消毒用アルコールの設置
・すべての利用者に、マスク着用の徹底と検温の実施
・アルコールによるレンタル品の除菌清掃
・スタッフの健康と衛生面の徹底管理(出社前の検温と記録確認、マスク着用)

軽井沢星野エリアについて/ケラ池スケートリンクの歴史

1951年(昭和26年)頃の星野エリア

■軽井沢星野エリア
大正時代、文豪や芸術家が集い、コミュニティが形成されていた軽井沢星野エリア。古くから多くの人々に愛され続けているこの場所は、現在、自然や文化を愛する人々が集う“小さな街”となりました。

・住所: 長野県軽井沢町星野
・アクセス: JR北陸新幹線・軽井沢駅から車で約15分
・電話: 0267-45-5853
・URL: http://www.hoshino-area.jp/

●ケラ池スケートリンクの歴史
1951年(昭和26年)、現在のケラ池スケートリンクと同じ場所に「星野リンク」がオープンしました。この当時、標高1000メートルの高原という環境を活かし、軽井沢町内には次々とスケートリンクが誕生しています。やがて昭和30年代には、東京からの臨時列車「銀盤号スケート列車」が運行されるほどのにぎわいになります。

しかし、時代の変化にともない、屋外スケートリンクは徐々に姿を消し、星野リンクも2000年(平成12年)に供用を休止しました。ケラ池スケートリンクは、伝統を受け継ぎつつ新しいスケートの楽しみ方を提案することを目指し、約3年半にわたる検討を経て2016年(平成28年)11月に開業。このたび5シーズン目を迎えます。


軽井沢・星野エリアで、天然氷の上を存分に滑走してカフェでくつろぐ週末はいかがですか。

ケラ池スケートリンク隣接のカフェで赤々と燃える薪ストーブ

≫≫≫(関連記事)長野観光に役立つ記事はこちら

・・・・・・・・・・・・・・
最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介した施設において、短縮営業や休業の可能性があります。最新情報は、公式ウェブサイト(URL)などで確認してください。
・・・・・・・・・・・・・・

※当記事は、2020年12月1日現在のものです

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について