海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >近畿 >和歌山 >最高賞金30万円! 梅干しの種飛ばし大会を和歌山県みなべ町で開催

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

最高賞金30万円! 梅干しの種飛ばし大会を和歌山県みなべ町で開催

2019年01月18日

和歌山県みなべ町商工会青年部は、2019年2月10日(日)、梅干しの種とばしナンバーワンを決めるイベント「UME-1フェスタ in 梅の里みなべ ~やにこい種とばし~」を開催します。本イベントの最高賞金は現金30万円です。限定1,500名を対象に、大会参加者の事前申込みを受け付け中です。春の到来を祝う、梅干しの種飛ばし大会に参加してみてはいかがでしょうか。

「UME-1フェスタ in 梅の里みなべ ~やにこい種とばし~」とは!?

赤く色づく梅干し

紀州南高梅の生産量日本一として全国的に知られる和歌山県みなべ町では、2019年2月10日(日)、梅干しの種とばしナンバーワンを決めるイベント「UME-1フェスタ in 梅の里みなべ ~やにこい種とばし~」が開催されます。

現代と違い娯楽の少ない時代から、みなべ町では、梅干しの種飛ばしや梅干しの種人形作りなど、梅干しの種を使った地域特有の趣味、娯楽が生まれました。現代でも、さまざまなイベントにおいて、梅干しの種飛ばし競争が行われています。

子供の方が有利? 実は奥深い、梅干しの種飛ばし

たわわに実る梅の実

梅干しの種を口で吹き飛ばすだけ。一見単純で簡単に思うこの競技ですが、実際やってみると意外と本気になり、思ったように飛ばせず、意気消沈するのが、梅干しの種飛ばしです。

「舌の側面を巻き筒状にし飛ばす」「種を縦回転させ飛ばすとよく転がる」「飛ばす角度は斜め45度」など、遠くに飛ばす技術は諸説あるそうです。意外にも、肺活量の大きい大人よりも子供の方が飛距離がでたりするのが、この競技のおもしろいところでもあります。

■UME-1フェスタ in 梅の里みなべ ~やにこい種とばし~
・開催場所:和歌山県みなべ町立上南部中学校体育館
・開催日:2019年2月10日(日)
・URL:http://minabe.info/tanetobasi.pdf

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

おすすめの記事

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について