× 閉じる

海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >埼玉 >秩父・長瀞「宝登山ロウバイ園」 黄色く、小さな、甘い香りの花に誘われて・・・ 長瀞観光ガイド!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

秩父・長瀞「宝登山ロウバイ園」 黄色く、小さな、甘い香りの花に誘われて・・・ 長瀞観光ガイド!

2018年01月11日

埼玉県・秩父の有名観光地、長瀞にある「宝登山臘梅(ロウバイ)園」をご紹介します。ロウバイは、半透明で黄色く、甘い香りのする可憐な花です。にぶいツヤのある花びらが、まるで「ロウ細工」のようなので臘梅(ロウバイ)と呼ばれます。標高497メートルの宝登山(ほどさん)山頂に位置するロウバイ園では、1月下旬から2月中旬の見頃時期になると、山頂一帯の約15,000平方メートルの敷地に3, 000本の臘梅が咲きほこります。山頂へは、ロープウェーで簡単に登れますので、甘い香りのする臘梅を見に出かけてみませんか。

長瀞「宝登山ロウバイ園」へは、ロープウェーで

ロープウェーの山頂駅を降りるとトウバイ園は、すぐそば
ロープウェーで手軽に登山が可能です

秩父鉄道の長瀞駅から徒歩で約20分。フランス生まれのガイドブック『ミシュラン・グリーン・ガイド・ジャポン』でも紹介された宝登山(ほどさん)神社方面へ駅から歩いていくと、ロープウェーの駅があります。標高497メートルの宝登山山頂へは、ハイキングがてら徒歩で登ってもいいですが、ロープウェーなら山頂までひとっ飛びです。
山頂の駅前すぐのところにロウバイの林が広がっているのですが、もしかしたら「どこ?」と迷ってしまうかもしれません。正直、紅白の梅や桜に比べるとパッと見は地味だからです。遠くから見ると、「枯れ木?」と思うかも知れません。でも、このロウバイ、侮ってはいけません。

甘い香り漂う、可憐な花「ロウバイ」

近寄ってみると可愛らしい花々がいっぱい!

ロウバイ園に入っていくと、小さな黄色い花が咲いていて、大変甘く、良い香りを漂わせています。その名の通り、ロウ細工でできたような可憐で小さな花が何とも儚げで美しいのです。紅白の梅とも違い、春に咲く桜のような華やかさもないのですが、この香りとかわいらしい花に、すっかり魅了されてしまうことでしょう。

また、よく見るとロウバイにもいくつか種類があるようです。宝登山のロウバイ園に咲くのは、素心臘梅、和臘梅、満月臘梅の3種類だそうです

花芯部が紅紫色の和臘梅
満月(まんげつ)臘梅
素心(そしん)臘梅は、花芯部も黄色で、香りが良いのが特長

日あたりの良い「西ろうばい園」の早咲きのロウバイは、12月上旬から咲き始めますが、全体の見頃は2月上旬頃です。

なお、宝登山のロープウェーは、おおよそ00・30発の30分間隔で運行されています。また、西武鉄道が発行する「秩父フリーきっぷ」を提示すると乗車券が割引になります(大人、往復:820円→740円 / 子供、往復:410円→370円)。

■長瀞宝登山ロウバイ園
・住所: 〒369-1621 埼玉県秩父郡皆野町金崎1738
・最寄駅: 秩父鉄道長瀞駅
・URL: http://hodosan-ropeway.co.jp/information/

宝登山神社にも参拝して行きましょう!

『ミシュラン』でも紹介されました

せっかく長瀞まで来たのですから、宝登山神社にも参拝をしていきましょう。

宝登山神社は、秩父神社、三峯神社とともに秩父三社と呼ばれ、開運厄よけ火防の信仰で関東一帯から毎年100万人の参拝者が訪れます。自然豊かなところにある境内と美しい彫刻が施された本殿が必見です。また、フランスのガイドブック『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』 に、埼玉県で初めて掲載されたところでもあります。

■宝登山神社
・住所: 〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828
・最寄駅: 秩父鉄道長瀞駅
・URL: http://www.hodosan-jinja.or.jp/

長瀞といえば、岩畳!

長瀞ライン下りも体験したいところ

長瀞の観光名物といえば、荒川の激流を下る「ライン下り」でしょう。川の水量が少なく、夏場の迫力には叶わないかもしれませんが、落ち着いた風情での川下りというのもいいかもしれません。また、冬季限定で「ぽかぽか こたつ舟」が運航されます。これなら、寒さを緩和してくれますね。1月1日~2月末まで、約20分で岩畳周辺の瀞場(流れのおだやかな場所)を周遊するそうです。

こちらも「秩父フリーきっぷ」の提示で、乗船料が割引になります
(大人:900円→850円 / 子供:500円→450円)。

■長瀞ライン下り
・住所: 〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞489-2
・最寄駅: 秩父鉄道長瀞駅
・URL: http://www.chichibu-railway.co.jp/nagatoro/

長瀞へのアクセスは?

長瀞駅は、「関東の駅百選」の第1回選定駅です

宝登山山頂のロウバイ園や宝登山神社のある長瀞駅は、秩父鉄道を利用することになります。東京方面からは、西武鉄道を利用するのが一般的です。

西武池袋線・池袋を土・日・祝日の朝7:05、8:05に発車する2本の列車は、長瀞駅まで直通するので便利です。通常は、西武池袋・秩父線の西武秩父駅で下車し、秩父鉄道の御花畑駅(西武秩父駅に隣接、徒歩10分程度)に乗換えが必要です。また、同じく土・日・祝日は、長瀞駅から西武池袋線の池袋駅まで1本で行ける直通列車が15:22、16:25発であります。西武線池袋駅と長瀞に直通する列車は、2席ずつ対面で座れるクロスシートがメインで、車内には和式トイレもありますので、観光気分に浸れます。特急券が不要で、乗車券だけで利用できるので、おトクで便利な列車です。

西武鉄道で長瀞へ旅行される場合は、西武鉄道が発行する「秩父フリーきっぷ」がおススメです。2日間有効で、往復の乗車券が割引になるだけではなく、秩父鉄道の三峰口駅と野上・長瀞駅間が乗り放題になったり、「宝登山ロープウェー」「長瀞ライン下り」が割引になるなどの優待特典満載です。

冬の秩父・長瀞へ出かけてみませんか?

■西武鉄道「秩父フリーきっぷ」
・URL: https://www.seiburailway.jp/ticket/otoku/chichibu-free-kippu/

「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」冬の秩父、おススメスポットへのアクセス方法・完全ガイド【関連記事】「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」冬の秩父、おススメスポットへのアクセス方法・完全ガイド

冬の秩父・小鹿野「尾ノ内渓谷氷柱」の見所とアクセス方法【関連記事】冬の秩父・小鹿野「尾ノ内渓谷氷柱」の見所とアクセス方法

「芦ヶ久保の氷柱(あしがくぼのつらら)」冬の秩父、おススメスポットへのアクセス方法・ライトアップ情報【関連記事】「芦ヶ久保の氷柱(あしがくぼのつらら)」冬の秩父、おススメスポットへのアクセス方法・ライトアップ情報

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

おすすめの記事