海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >北海道 >北海道 >北海道・東北新幹線「はやぶさ」号が50%OFF!東京発10,310円!?北海道復興支援キャンペーン!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

北海道・東北新幹線「はやぶさ」号が50%OFF!東京発10,310円!?北海道復興支援キャンペーン!

2018年12月16日

 2018年9月6日に発生した「北海道胆振東部地震」からの復興と観光需要回復などを目的に、北海道・東北新幹線が格安で利用できるキャンペーンが発表されました(2019 年1月30日から3月3日までの一部期間で実施)。おトクなキャンペーンを活用して、冬の北海道へ出かけてみませんか。

東京駅から新函館北斗駅間の「はやぶさ」号が50%OFF!?

雪景色の函館へおトクに行けるキャンペーン

 北海道・東北新幹線「はやぶさ」号の指定列車の普通車指定席運賃と料金が50%OFFになるキャンペーンについて、2018年12月10日にJR東日本とJR北海道が発表を行いました。

 東京駅・上野駅・大宮駅・仙台駅と新函館北斗駅間の「はやぶさ」号と、新青森駅から新函館北斗駅の各駅相互間の「はやぶさ」号・「はやて」号の特定列車の普通車指定席運賃と料金が50%OFFになる「お先にトクだ値スペシャル」と、さらに割引額が大きい「スーパーモバトクスペシャル」が発売されるというものです。期間は、2019 年1月30日から3月3日(一部期間を除く)まで。その内容を詳しく見ていきましょう。

【図1】キャンペーン料金とキャンペーン適用の「はやぶさ」号

(※1)通常期の乗車券+指定席特急券のおとな1名の価格。発着が逆の設定もあり
(※2)おとな1名の価格。座席数に限りあり。こども価格の設定あり。東京・上野駅発着のきっぷは都区内有効、仙台駅発着のきっぷは仙台市内有効
(※3)おとな1名の価格。座席数に限りあり。こども価格の設定なし。きっぷは、発着駅間のみ有効。割引額は、通常期の乗車券+指定席特急券と比較した(「モバトク」と比較した割引額ではない)

 50%OFFの激安料金で北海道・東北新幹線「はやぶさ」号に乗車するには、JR東日本が提供するネット上での指定券予約サービス「えきねっと」で予約しなければなりません。

 「えきねっと」の利用には、ネット上で無料の会員登録が必要です。会員登録後、「お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき)」という商品から今回の激安料金を検索・予約するのです。この激安料金で提供される座席数には、限りがあるそうです。早めの予約をオススメします。なお、「お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき)」は、こども価格の設定もあります。ちなみに、乗車日の1ヶ月前の午前10 時から20日前の午前1時40分まで(発売期間最終日がシステムメンテナンス日の場合は、乗車日21日前の午後11 時40分まで)です。「事前受付」により、パソコン・スマートフォンからは発売開始日のさらに1週間前(同曜日)の午前5時30分から乗車日1ヶ月前の午前9時54分まで事前の申込みをすることができます(この場合でも実際に手配を行うのは、乗車日1ヶ月前発売日の午前10時からとなります)。

■えきねっと
・URL: https://www.eki-net.com/

雪景色の函館・八幡坂

 さらに料金が安くなる「スーパーモバイル Suica 特急券スペシャル(スーパーモバトクスペシャル)」もあります。この料金の適用を受けるには、同じくJR東日本の「モバイルSuica」会員になる必要があります。この激安料金で提供される座席数には、限りがあるそうです(こども価格の設定はありません)。

 利用方法は、「モバイルSuica」会員になったあと、専用のアプリをダウンロード。「スーパーモバイルSuica特急券スペシャル(スーパーモバトクスペシャル)」で検索し、申し込みを行います。

■モバイルSuica
・URL: http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/


 なお、上記【図1】の区間のほかに、新青森駅と新函館北斗駅間内相互発着のプランもあります。さらに、旅先での移動がスムーズになるおトクな「駅レンタカー」商品(駅レンタカー基本料金(免責補償料込み)の40%割引 )も発売されます。詳しくは、「えきねっと」あるいは、「モバイルSuica」のWebページをチェックです。

この冬は、おトクな金額で北海道へ行こう!

猿が温泉に浸かっている風景が見られる函館市営熱帯植物園

 今回のキャンペーンは、対象期間が約2ヶ月間と長く、東京駅・上野駅・大宮駅・仙台駅から新函館北斗駅までの特定の「はやぶさ」号がおトクな金額で乗車できるとあって、利用価値が高いと言えます。また、東京から北海道だけではなく、北海道から東北、関東への旅にも利用できるのもうれしいところです。

 たとえば、東京駅を8:20に発車する「はやぶさ5号(区間最速列車)」に乗車すれば、 新函館北斗駅に12:22に着き、12:36に発車する在来線の「はこだてライナー(*)」に乗り換えれば、函館駅に12:51着くことができます。函館駅到着後、駅前の「函館朝市」で海鮮ランチをとって、その後は函館ベイエリアなどで観光・ショッピング、夕方から夜にかけては函館山山頂から美しい夜景を・・・。
(*)函館駅まで(から)利用の場合、新函館北斗駅から函館駅間の運賃(片道 360 円)が別に必要。

 以下にて、冬の北海道・函館観光の参考になりそうな記事をピックアップしました。これらの記事も参考に、冬の北海道・函館へ出かけてみませんか。

 「地球の歩き方ニュース&レポート(オリジナルサイト)」上でこの記事をご覧になっている方は、以下の「関連記事はこちら」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、オリジナルサイトの記事内に設けられた黄色いボタン「関連記事はこちら」で詳細記事を確認してください。

【関連記事】冬の北海道・函館 雪景色の函館山と温泉に入る猿が見られる函館市熱帯植物園

函館山山頂へは、ロープウェーでひとっ飛び!

【関連記事】北海道・函館 函館山・元町・ベイエリア 夜景・ライトアップ鑑賞スポット5選!

夜の海に映る函館のベイエリア

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

おすすめの記事

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について