海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >ヨーロッパ >フランス >パリ >プランタンの2018年クリスマス装飾は女優レティシア・カスタを招いてスタート(フランス・パリ)

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

プランタンの2018年クリスマス装飾は女優レティシア・カスタを招いてスタート(フランス・パリ)

2018年11月15日

フランス・パリは少しずつクリスマスの準備が整いつつあります。パリ市内のオスマン通りにある百貨店、プランタン・オスマン本店では2018年11月8日(木)からクリスマス装飾がお披露目。ショーウィンドーの点灯式には女優レティシア・カスタさんが登場して、これから年末に向かって盛りあがりをみせるフェスティバルシーズンの幕開けになりました。

ブランドごとにテーマ展開されるショーウィンドー

カナダグース ©Francis Peyrat

2018年のプランタンのクリスマステーマは、「サンタクロースの魔法の世界」です。ジュールとビオレットという2人の子どものキャラクターが探偵服姿に身を包み、サンタクロースを探しに魔法の世界の冒険に乗り出すという設定です。

ダイソン ©Francis Peyrat

ジュールとビオレットが向かう先々では、2018年にプランタンがコラボしたブランドによる、さまざまな場所が待ち受けます。森林の谷ではカナダグースの銀色の熊、黄金の砂丘ではブーツを履いた羊、四方から風が吹く大草原では毛むくじゃらのダイソンのグレイハウンド、甘味の土地ではハーゲンダッツの雌牛が登場します。

ハーゲンダッツ ©Francis Peyrat

最後にプランタン本館中央にあるアトリウムには、マルニによる「マルニの世界」が広がっています。

クリスマスムード一色の館内 ©RICARD

仏女優レティシア・カスタさんを招いた点灯式

ブシュロン ©Francis Peyrat

2018年のクリスマスシーズンを彩るオープニングセレモニーでは、高級宝飾品ブランドブシュロンとコラボしたショーウィンドーの前に、女優レティシア・カスタさんとプランタンCEOパオロ・デ・セザレさんが登壇しました。点灯スイッチを押し、毎年10,000,000人以上が行き交うオスマン通りのイルミネーションがスタートしました。

これが最後の作品となる熟練マリオネット師の技術

UGG ©Francis Peyrat

2018年のクリスマス装飾で特に注目してほしいのが、ショーウィンドー内を動くマリオネットです。フランスを代表する熟練マリオネット師、ジャン・クロード・ドゥイックスさんによる作品で、ドゥイックスさんは2018年でマリオネットの仕事からの引退を決めています。これが最後の作品となります。

マリオネットを眺める親子

マリオネットの総数は75体。総距離13キロメートルになるワイヤー、78台のからくり、98機のモーターが備えられ、3週間の期間内に650時間かけて飾り付けられました。ショーウィンドーがオープン後も、ドゥイックスさんはクリスマス装飾が行われる期間中、マリオネットの動きに不具合がないか常にメンテナンスを行います。

年末の騒がしさやブランドの華やかさに目が奪われがちですが、熟練の技術によってプランタン・オスマン本店のクリスマス装飾は支えられているのです。

■プランタン・オスマン本店(Printemps Paris Haussmann)
・住所:64 boulevard Haussmann 75009 Paris, France
・営業時間:9:35〜20:00(日曜11:00〜19:00)
・休業日:無休
・URL:https://www.printemps.com

いかがでしたか。フランス・パリにあるプランタン・オスマン本店のクリスマスデコレーションを紹介しました。クリスマス時期にパリを訪れている方は、ぜひプランタン・オスマン本店に立ち寄ってみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

この記事のハッシュタグ

おすすめの記事

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について