海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >オセアニア >オーストラリア >メルボルン >オーストラリア・フィリップ島の「ペンギンパレード」。11月の土曜日は日本語ライブ配信あり!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

オーストラリア・フィリップ島の「ペンギンパレード」。11月の土曜日は日本語ライブ配信あり!

2020年11月07日

オーストラリアのビクトリア州政府観光局は、現地の人気観光アトラクション「ペンギンパレード」のライブストリーミングを毎日配信中です。うれしいことに、11月の毎週土曜日は現地のレンジャーによる日本語でのリアルタイム解説が聞けます。

自然環境に恵まれたフィリップ島

メルボルン市内からフィリップ島へは車で90分

メルボルン市内から車でわずか90分のところに位置するフィリップ島は、全体の約4分の1が自然公園に指定されているほど自然環境に恵まれた島。数多くの野生動物たちに出合えるとっておきの場所として大変人気のエリアです。
島内にはペンギン以外にもコアラやワラビー、オットセイ、野鳥などが生息し、島へ渡る橋の手前の町サンレモでは大きなペリカンの餌づけが見られます。
また、隣接するチャーチル島には1800年代の農家を再現したのどかな牧場風景が広がり、さまざまな水鳥たちの楽園となっています。

世界最小の野生のリトルペンギンたち ©PINP

●1番人気は「ペンギンパレード」
体長わずか33cm、世界最小の野生のリトルペンギンたちが日没とともに子供が待つ巣穴へと列をなして戻る姿は、まさにパレードのよう。
餌をつかまえるため日の出の1時間前にバス海峡の荒波へと向かい、夕闇に包まれかけたビーチへ戻るまで、ときには約100km泳ぐこともあるそうです。
次々と戻ってくるペンギンは毎晩最大約3000羽にもおよび、ぷっくりとしたお腹に餌を蓄え、よちよちと歩く姿は何とも愛らしい! その様子を間近で観察することのできる「ペンギンパレード」は子供から大人まで大人気の観光要素です。

夕暮れ時に間近でペンギンたちを観察できる ©PINP
フィリップ島にはコアラの保護センターもある

自然豊かな島内には野生のコアラの保護センターがあり、牧場やワイナリーが点在します。子供も安心して遊べるビーチやサーフスポットも数多くあります。
モータースポーツが好きなら、毎年10月に開催されるオートバイレースの最高峰「モーターサイクルグランプリ」観戦はいかがでしょう。フィリップ島にはまだまだ知られていない見どころがたくさんあります。

メルボルンからは日帰りも可能ですが、できれば島内に泊まってゆっくり滞在したいところ。メルボルンからはツアーに参加するか、レンタカーを利用するのが便利です。

フィリップ島のネイチャーパーク ©PINP

11月7、14、21、28日は日本語解説付きでペンギンパレードを配信

日本語解説付きは4回限定で、土曜日の日本時間18:00から配信 ©PINP

現在、フィリップ島では公式SNSページを通して「ペンギンパレード」の様子を毎日無料で生配信中! さらに11月7日、14日、21日、28日の毎週土曜日・日本時間18:00(現地時間20:00)からは日本語解説付きで発信します(全4回の予定)。
普段からペンギンたちを見守るレンジャーによる日本語解説なので、生態系などの知識はもちろん、フィリップ島の魅力も一緒に学ぶことができます。

■ペンギンパレード 日本語解説付き生配信
・配信日時: 2020年11月7日、14日、21日、28日の毎週土曜日・日本時間18:00~(現地時間20:00~)
 ※日没の時間により、配信開始時間は毎回約5分程度遅れることが想定されます
・視聴方法:
フィリップ島ネイチャーパーク 公式Facebook
https://www.facebook.com/PhillipIslandNatureParks/
フィリップ島ネイチャーパーク 公式YouTube
https://www.youtube.com/user/PIPenguinParade
フィリップ島ネイチャーパーク 公式ウェブサイト(英語)
https://www.penguins.org.au/

期間限定でビクトリア州政府観光局 公式ウェブサイト(日本語)内からも視聴できます
https://jp.visitmelbourne.com/regions/phillip-island/penguin-parade

メルボルンの基本情報

オーストラリア最古の駅でメルボルンのシンボル「フリンダース・ストリート駅」

メルボルンはオーストラリアの南東に位置し、19世紀の面影を残したビクトリア調の建物と現代アートの建物が融合した町並みが魅力なオーストラリア第2の都市です。
別名「ガーデンシティ」とも呼ばれるほど緑豊かな公園が点在し、イギリスの経済誌『エコノミスト』の調査部門がまとめている「世界で最も住みやすい都市」ランキングでは、2011年から2017年まで7年連続で1位に選ばれました。

1年を通して国際的なイベントが多いのも特徴で、そのテーマはスポーツやファッション、アート、フードなど多岐にわたります。
多民族国家として知られるメルボルンは食文化が発達しています。「モダン・オーストラリア料理」と呼ばれる、多国籍文化が融合した独特かつ繊細な料理は近年、世界の美食家からも高い評価を得ています。イタリア系移民によりコーヒー文化が発達した町でもあることから、いたるところにおしゃれなカフェが点在します。

また、郊外にはオーストラリアワインの名産地ヤラバレーやモーニントン半島、「世界で一番美しい海岸線」と呼ばれるグレートオーシャンロード、そして世界最小のリトルペンギンのパレードで有名な“野生動物の宝庫”フィリップ島など数多くの観光スポットがあります。

■ビクトリア州政府観光局 公式ウェブサイト
・URL: http://jp.visitmelbourne.com/

■ビクトリア州政府観光局 公式Facebook
・URL: https://www.facebook.com/visitmelbourne/

愛らしいペンギンパレードを見ながら、近い将来のオーストラリア旅行に思いを馳せましょう。

≫≫≫(関連記事)オーストラリア旅行に役立つ記事はこちら
オーストラリア・フィリップ島のペンギンパレードをライブ配信中!

※当記事は、2020年11月4日現在のものです

関連書籍

地球の歩き方 aruco 25 オーストラリア 2021年~2022年版

地球の歩き方 aruco 25 オーストラリア 2021年~2022年版

地球の歩き方編集室
定価:本体1,300円+税
発行年月: 2020年06月
判型/造本:A5変並製
頁数:192
ISBN:978-4-478-82498-6

詳細はこちら

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について