海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >北米 >アメリカ >ロサンゼルス(カリフォルニア) >世界的大ヒット『トランスフォーマー』最新作は、シリーズ“はじまり”の物語。映画『バンブルビー』

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

世界的大ヒット『トランスフォーマー』最新作は、シリーズ“はじまり”の物語。映画『バンブルビー』

2018年12月11日

過去5作の全世界での累計興行収入が43億7700万ドル(約5000億円)を突破し、昨夏には日本でも最新作『トランスフォーマー/最後の騎士王』が公開され大ヒットしたことが記憶に新しい、世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。そのシリーズ最新作である、『バンブルビー』が2019年3月22日(金)、日本公開となります。

待望のシリーズ最新作は、シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公。作品の舞台は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』(‘07)でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされます。

チャーリーを演じるのは、近年では『スウィート17モンスター』(‘16)など、等身大のティーンを演じ、同世代の圧倒的な支持を集めるアカデミー賞ノミネート女優ヘイリー・スタインフェルド。そして、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(‘16)のトラヴィス・ナイトが実写映画監督デビューを果たしました。先頃解禁された予告編では、”ドジだけど優しい”可愛さ全開のバンブルビーの魅力に注目が集まり、バンブルビーとチャーリーとの間に芽生える友情に、これまでのシリーズとは異なった新しい展開に、本作への期待が高まっています。

孤独な18歳の少女チャーリーが出会ったのは、廃車寸前の黄色い車。それが、全てのはじまりだったー。アニメ版「トランスフォーマー」シリーズでバンブルビーの声を長年担当する木村良平さんのナレーションから始まる本映像。映像内では、チャーリーから向けられた手のひらに頬を寄せる愛らしい様子やトランスフォームをしてみせるものの目の前のチャーリーに盛大に砂をかけてしまうドジな姿、また、これまでのシリーズでは見られなかった変形をみせるバンブルビーの姿が確認できます。果たして、バンブルビーは、何のために地球に来たのか?併せて解禁された、ティザービジュアルでは、夕日に向かって佇むチャーリーとバンブルビーの姿が映し出されており、そのノスタルジックな雰囲気からも二人の心の交流が描かれるという本作の物語にますます期待が高まると共に、映像内では、ドラマだけでなく、『トランスフォーマー』シリーズの醍醐味であるアクションにも注目せずにはいられない内容に仕上がった、新たなるトランスフォーマーストーリーに是非ご期待ください!

【続報】バンブルビー×キューピーのキュートなコラボ!日本公開日3/22決定

バンブルビーとキューピーによるキュートなコラボ

この度、本作のムビチケカードが11月23日(金・祝)より発売開始!前売り特典には、バンブルビーとキューピーによるキュートなコラボが実現した”バンブルピー”キーホルダーが決定しました。

金属生命体のゴツゴツとしたフォルムが特徴のトランスフォーマーと、くりくりとした目つきのキューピッドをモチーフとした愛らしい人形として日本人なら誰もが知るキューピーが融合するという異色のコラボによって、やみつきになる可愛らしさが溢れたキャラクターが完成しました。

キュートなルックスの「バンブルピー」

さらに「バンブルビー」と「キューピー」の語呂の良さから、見れば見るほどクセになるキュートなルックスに相応しく「バンブルピー」と愛らしい名が付けられ、目にも耳にも印象強いギャップ全開の仕上がり!自身の何百・何千分の一スケールで登場した分身のような姿にはバンブルビーも手を伸ばさずにはいられなくなる、日本だけでしか手に入らない数量限定のこの激レアアイテムをぜひゲットしてください。

【続報】LAワールドプレミア イベントレポート(12/10)

LAワールドプレミア イベントレポート(12/10)

ブラックカーペットにシャープな黄色のアクセントが施されたバンブルビー・カラーの豪華プレミア会場には、「トランスフォーマー」シリーズ初の女性主人公に抜擢されたヘイリー・スタインフェルド、WWE王座16回の記録を持つ人気プロレスラーで、ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)に続き俳優としてもハリウッドの熱い注目を浴びるジョン・シナ、2017年に監督作『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』で第89回アカデミー賞®長編アニメ映画賞にノミネートし、本作が実写映画の監督デビューとなるトラヴィス・ナイト監督、そしてこれまで「トランスフォーマー」シリーズの作品をすべて監督し本作ではプロデューサーとして引き続き牽引しているマイケル・ベイらが登場しました。

本作で実写映画の初監督となったトラヴィス・ナイト監督は、「すごく嬉しいよ!ここまで来るのに2年近くかかったし、僕たちの全てを注ぎ込んだ作品を皆さんに好きになってもらえて本当に嬉しい」と想いを明かし、続けて、日本文化に精通するトラヴィスらしく、トランスフォーマーの発祥が日本であることにも触れ「日本はトランスフォーマー誕生の地で、ファンの期待に応えられるような作品になっていると思います。日本の皆さんに感謝です。宮崎駿作品は子供の頃から大好きで、もう自分の一部。直接的なオマージュはないけど、ストーリーを作る上でいつも影響を受けているし、今回もきっと影響を受けていると思います!」と”宮崎駿”愛と本作への自信をのぞかせました。

さらには、12フィート(実物大)の“バンブルビー像”も出現し、プレミア会場の外まで溢れんばかりに1500人が集結したLAの街を熱狂の渦に包み込みました。

また、このプレミア会場で本編が上映されると、米・映画批評サイトRotten Tomatoesでは瞬く間に絶賛レビューが殺到しなんと驚愕の100%フレッシュを記録!本国アメリカのみならず、日本、そして全世界を大興奮させること間違いなしの超高評価に、劇場公開がますます待ちきれなくなるプレミアイベントとなりました!日本での公開は、2019年3月22日(金)。

オンラインでチケットを購入!地球の歩き方Travel

究極のハリウッド映画体験を!

アクション満載のエンターテイメントが一箇所に集中。一日中お楽しみください。スリル満点のテーマパーク・ライドやショーを体験したり、映画撮影の裏側を見たり。さらに隣接するシティウォークには、ロサンゼルスの人気ショップやレストラン、そして映画館も併設。ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、ご家族全員でお楽しみいただける場所です。トランスフォーマーファンは、「トランスフォーマー ザ・ライド3D」は必見!

URL:https://parts.arukikata.com/themepark/ush/

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

この記事のハッシュタグ

おすすめの記事

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について