海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >日本 >関東 >東京 >MAXうんこカワイイ!最先端アミューズメント空間「うんこミュージアム TOKYO」がブリッとオープン!潜入レポート

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

MAXうんこカワイイ!最先端アミューズメント空間「うんこミュージアム TOKYO」がブリッとオープン!潜入レポート

2019年08月09日

2019年8月9日(金)、真夏のお台場に新たなエンターテインメント施設がオープンその正体は、横浜に彗星のごとくあらわれ、世間をざわつかせたあの、うんこをテーマにした最先端アミューズメント空間「うんこミュージアム TOKYO」。ユニコーンガンダムの立像が鎮座する、ダイバーシティ東京プラザ2Fに、ブリッと出現。

合言葉は「MAXうんこカワイイ!」

うんこファンタジーなポスタービジュアル

「うんこミュージアム TOKYO」は、うんこをテーマにした最先端アミューズメント空間。横浜駅前「アソビル」2階で、期間限定で開催されている「うんこミュージアム YOKOHAMA」に続く第二弾として、「MAXうんこカワイイ」をコンセプトに大進化してダイバーシティ東京 プラザ 2階にオープンしました。本ミュージアムは、すべての「うんこミュージアム」の総本山として、国籍や年齢に関係なく全世界のウンカー(うんこを出す人々)に、うんこを通じた新しい体験を提供するとのこと。

■「うんこミュージアム TOKYO」開催概要
住所:東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京 プラザ 2階
オープン日:2019年8月9日(金)
営 業 時 間:10:00~21:00 ※最終入場受付 20:00
定休日:施設に準ずる
入 場 方 法:事前予約によるチケット制(※空き状況次第では当日券もあり)
入 場 料 金:<事前予約チケット>
大人(中学生以上) ¥1,600(税込)/子供(小学生)¥900(税込)/小学生未満 無料
<当日購入チケット>
大人(中学生以上) ¥1,800(税込)/子供(小学生)¥1,000(税込)/小学生未満 無料
URL:https://unkomuseum.com/tokyo

さぁ叫ぼう、魅惑の3文字を!

なんともいえない空間

「うんこミュージアム TOKYO」は、ダイバーシティ2Fにオープン。フードコートを抜けると、その入り口が見えてきます。入場し、ミュージアムの紹介映像を見た後には、ガイドスタッフから「さぁ、入場するには特別な3文字が必要です!何かおわかりですかー?」という思い切ったガイダンス。3文字目が“こ”か“ち”か、ぐらいのボケしかできないボキャブラリの貧困な記者でしたが、小学生の頃には恥ずかしげもなく口にしていたその3文字を叫び無事に入場すると、そこにはカラフルな便座が。

キバらなければいけない

「うんこミュージアム TOKYO」の説明を受ける、いわばロビーのような場所がこのカラフル便座ゾーン。既に入場時にある種のココロの封印を解いているためか、便座に座ることそれ自体は既に恥ずかしさもあまりなくなっているも、スタッフ「それでは、便器の上で“う~ん”とキバって、今日のウン勢を占いましょう!」とまさかの追撃。ひとまえでキバる、という一般的な生活を営む上ではあまり経験してこない行為を要求されることに一瞬の躊躇を覚えつつも、メイドカフェなどにおける、「おいしくな~れ、萌え萌えキューン」的なものと置換すれば大丈夫。

手に持つアイテムが実にシュール

占った結果、気づくと便器の中には、見事なとぐろを巻いたカラフルうんこが。このうんこに棒をさして、施設内を楽しむことになります。昭和生まれの読者には昔懐かしい、アラレちゃんを彷彿とさせるシュールな図が施設内のあちらこちらで散見されることに、ここがうんこミュージアムなのかペンギン村なのか、わからなくなるほっこり感も同時に感じられます。最後にはお土産にもらうことができます。このうんこの色は複数あり、金や銀のレアうんこは人気が出そう。

「ウンスタジェニックエリア」で自撮り写真をSNSに!

定期的に噴火する、うんこボルケーノ
揃えだす子どもたち

「ウンスタジェニックエリア」エリアは広場になっており、定期的に噴火する「うんこボルケーノ」を中心にさまざまなコーナーで思い思いの遊びを楽しむことができます。また、噴火したうんこボルケーノの小さいスポンジうんこは、集めて手前の便器に収めるミッションがあり、子どもたちがこぞってうんこを探しはじめる図には、親御さんがたも、思わずこんもり・・ではなくほっこり。

世界各国の“うんこ”を表現したアート
新設されたうんコンビニ

「うんこミュージアム TOKYO」に新設された、うんコンビニでは、ミュージアム内でかぶって使える便利なうんこグッズや、ここだけでしか買えないうんこグッズが満載。出口にあるお土産ショップとは異なり、トクベツなグッズもたくさんありますので、ブリッとのぞいてみてください。

男ゴコロもくすぐる?クソゲーセンター

真の意味でのクソゲーが楽しめる

クソゲーセンターでは、反射神経を競うクソゲーのほか、うんこのレーシングゲームや、まさかの恋愛ゲームまで、あらゆるジャンルのクソゲーがラインナップ豊富に取り揃えられています。特に本格的な開発が入っていると思われる、「うんこレース」では、本来のコースとは異なり、ショートカットが可能な“裏コース”が用意されているとのこと。映画『レディ・プレイヤー1』のような話ですが、発見したらヒーローかも?

質感の表現にこだわっている

また、こちらはそんなクソゲーのひとつ、反射神経を競う「UNKO DIVING」。プレイヤーは空の彼方からフリーダイビングで降下し、うんこに刺さらないギリギリのところでボタンを押す、という意外に盛り上がる系のどちらの意味でもクソゲー。あんまり考えたくないほどにリアルな気がする、このゲームの失敗時の効果音は実は、キャベツにお箸を刺す音で表現。クソゲーの舞台裏、レポートしました!

ぶりぶりギャラリー
うんこミュージアムの守り神、ウンベルト

うんこミュージアムの守り神、ウンベルト。便座の上で宇宙の真理に思いを馳せる哲学者でもあります。座右の銘は「漏らしても慌てない」。腰痛持ちで滅多に活動しないため、彼から生み出されたミニうんこたちが主にミュージアムの安全を守ってくれています。この便座を縦にしたようなトンネルを抜けると、そこには暗闇の浮かぶ、幻想的なうんこの森。男女の仲も急接近すること間違いなし。

最後は「うんこファクトリー」でお土産を

「MAXうんこカワイイ」という日本発の新しいコンセプトを発信する「うんこミュージアム TOKYO」。かなり攻めているこのアミューズメント空間、中での撮影は自由となっています。この夏、SNSに思い切って、うんこミュージアム東京の写真と話題を、ブリッと投稿してみませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

この記事のハッシュタグ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について