海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >ヨーロッパ >イギリス >ロンドン >メアリー・スチュアート×エリザベスⅠ世。女王は私ひとりだけ、映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

メアリー・スチュアート×エリザベスⅠ世。女王は私ひとりだけ、映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

2019年03月03日

シアーシャ・ローナン×マーゴット・ロビー、アカデミー賞(R)ノミネート女優ふたりが演じる、激動の16世紀英国を生きるふたりの女王が激しい火花を散らす!16世紀に生きたスコットランドのメアリー・スチュアートとイングランドのエリザベスⅠ世、ふたりの女王の映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』は、2019年3月15日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国ロードショー!

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』ストーリー

メアリー・スチュアート×エリザベスⅠ世 女王は私ひとりだけ

【ストーリー】
メアリー・スチュアート×エリザベスⅠ世 女王は私ひとりだけ

スコットランドでイングランドの王位継承権を持ちながら、カトリックとして生まれたメアリー・スチュアートは、父ジェームズⅤ世が生後6日で亡くなり、0歳にしてスコットランド女王となる。幼少時に渡仏し、フランス王宮で育ち、15歳でフランス王太子と結婚、16歳でフランス王妃に、18歳で未亡人となり、母国スコットランドで王位に戻る。

メアリーの不在の間、スコットランドではプロテスタント教徒たちが勢力を拡大していた。摂政として国を統治していた異母兄マリ伯、プロテスタント長老派の指導者ジョン・ノックス、国務大臣メイトランドらはカトリックの女王を快く思わず、何度も陰謀や内乱を画策した。

イングランドでは、エリザベスⅠ世が25歳で即位、宰相ウィリアム・セシルやエリザベスが心を寄せるレスター伯ロバート・ダドリーら枢密院と侍女ベスたちが彼女を支えていた。王位継承者がいなかったため、エリザベスは日々、早く世継ぎを産むようプレッシャーをかけられていた。そんな折、メアリー帰国の知らせに、枢密院内は緊迫した空気が走る。

メアリーは同じスチュアートの血を引くダーンリー卿ヘンリー・スチュアートと結婚し、息子ジェームズを出産する。何よりも正当なイングランドとスコットランドの王位継承権を持つ子供の誕生はスコットランド宮廷を揺るがせた。

メアリーの結婚、出産の知らせはイングランド宮廷とエリザベスの心をざわつかせた。しかし、結婚によって王室の混乱が深まるのを目の当たりにし続けてきたエリザベスは、愛する人が目の前にいたとしても、その争いを避けたかった。心を犠牲にしてでも、彼女には守らねばならないものがあった。「私は男になったの」。エリザベスの言葉にウィリアム・セシルは「この世は残酷な場所です」と返すのみだった。

メアリー・スチュアートは生まれた時からエリザベスⅠ世の王位継承権のライバルだった。ふたりの女王はお互いに意識し合い、同時に魅せられていた。女性として世を治めるとはどういうことなのかは、このふたりにしか理解できなかった。誰よりも理解し合えたはずのふたりの女王。ある時、お互いを恐れ続けたふたりの運命が交差する――。

というストーリーです。

スコットランドロケと舞台セット

ハンプトン・コート宮殿

制作陣は、スコットランドとイングランドで撮影することに重要性を感じていました。その結果、グロスター大聖堂は、エリザベスI世が過ごすハンプトン・コート宮殿の修道院と回廊になり、大聖堂の地下室はメアリーの独房となりました。

スコットランド・ハイランド地方

スコットランドでの撮影は、大人数でのクルー、馬や馬車や武器、時代劇の衣装など移動だけでも挑戦でした。しかし、スコットランドの土壌性はメアリーを語るうえで欠かせないもの。スコットランド全土を旅し、数多くの城を渡り歩いたメアリーの旅を再現することで、精神的にも地理的にもスコットダンドに根付いたものになりました。

対して、エリザベスI世の世界は極力室内に留めています。彼女は常に秩序だった宮廷におり、一方でメアリーの世界はより自然や土の質感のあるものに。美術を担当したジェームズ・メリフィールドは、雄大なスコットランドの自然に見合うように大規模なホリールード宮殿のセットを制作。グロスター大聖堂の中庭はエリザベスI世のベッドルームに投影されるように組み立てられています。

グロスター大聖堂

グロスター大聖堂の回廊

Diliff [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

物語の舞台ともなる、グロスター大聖堂は、イギリスのグロスターにある、西暦678年頃に建てられた修道院を前身とする大聖堂です。ロマネスク様式、イングランド・ゴシック様式が混在する建築に注目。1216年には、プランタジネット朝のイングランド王のヘンリー3世が戴冠式を行ったことでも有名。

公開情報

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』公開情報

■『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
URL:http://www.2queens.jp/
原題:Mary, Queen of Scots
2018/イギリス/124分 ユニバーサル作品
配給:ビターズ・エンド/パルコ
映倫:G
©2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ふたりの女王のそれぞれの選択に「心が揺れて止まらない…!」各界からの絶賛コメント

『レディ・バード』のシアーシャ・ローナンと『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のマーゴット・ロビーというアカデミー賞®ノミネート女優のふたりが、激動の16世紀英国を生きるふたりの女王を演じる『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』が3月15日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国ロードショーとなります。

女性でも男性でも国を治め守る立場がいかに壮絶か。本来の敵以前に敵がいるのは、女性だからなのか。
2人の孤独な女王が闘う姿に心が揺れて止まらない。
――今井美樹さん(歌手)

偉大な二人の女王の繊細な心の内が荘厳な映像美の中で描かれる切ない人間ドラマ。
衣装、ヘアメイクも二人の女王の個性をくっきりと浮かび上がらせている。
――大地真央さん(女優)

女王たちの緊迫した駆け引きの連続は、戦国武将そのもの。それでいて互いを信じ、憎み、愛したふたりの姿は、現代の女性の希望と失望をあますところなく映し出している。むしろ男性必見の映画だ。
――冲方丁さん(作家)

見る人の立場や視点によって様々な感想が飛び交う本作。あなたが共感するのは、メアリーとエリザベス、どちらの女性ですか?ぜひスクリーンで確かめてみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

この記事のハッシュタグ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について