海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >近畿 >京都 >7月25日は「かき氷の日」 2019年夏の京都で並んでも食べておきたいかき氷4選

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

7月25日は「かき氷の日」 2019年夏の京都で並んでも食べておきたいかき氷4選

2019年07月11日

京都府の地域情報発信サイト「KYOTO SIDE」編集部が発表した2019年夏の京都で並んでも食べておきたいかき氷を紹介します。ひんやりグルメがぴったりな暑い夏、毎年7月25日は日本かき氷協会によって「かき氷の日」に制定されています。京都では、甘味処、和菓子屋、フルーツショップ、カフェなど、各専門のプロが腕によりをかけて作る個性豊かなかき氷がたくさんあります。今回は、そのなかから、並んでも食べたいとっておきのかき氷を紹介します。

ベリーベリーカスタード「甘味のいえ 串竹」

ベリーベリーカスタード 940 円(税別) 画像・情報提供:KYOTO SIDE

「甘味のいえ 串竹」のベリーベリーカスタードは、真っ赤な見た目が特徴で、粉雪のようにふわふわな氷にイチゴとベリー2種類のあいがけソースと上品な生クリームがかけられています。

氷のなかには、木津川市のクローバー牧場で作られる「特別牛乳」を使用したカスタードに練乳蜜、フローズンベリーが入っています。甘酸っぱいベリーが、日焼けして火照った身体も癒してくれる、定番フレーバーです。

■甘味のいえ 串竹
・住所:〒619-0215 京都府木津川市梅美台2-6-9
・営業時間:火曜14:30~17:30、水~金曜11:00~17:30、土曜11:00~15:00
・休業日:日~月曜

エスプーマ 抹茶かき氷「旅籠屋利兵衛」

エスプーマ 抹茶かき氷 850 円(税別) 画像・情報提供:KYOTO SIDE

「旅籠屋利兵衛」のエスプーマ 抹茶かき氷は、宇治抹茶の産地、城陽市ならではの逸品です。スペイン語で「泡」という意味の「エスプーマ」は、ムース状の濃厚な抹茶ソースの奥深い味わいが絶品です。

ふわふわ氷と一緒に口に入れた瞬間のシュワッと軽やかな口溶けは、新食感を楽しませてくれます。溶けにくいのも特徴であり、抹茶の蜜やあんこ、白玉、抹茶ゼリーなどさまざまなトッピングで味に変化を付けて堪能できます。

■旅籠屋利兵衛
・住所:〒610-0121 京都府城陽市寺田東ノ口44-54
・営業時間:10:00~18:00
・休業日:火曜
・URL:http://rihe.jp/

お番茶のかき氷「ぎおん徳屋」

お番茶のかき氷 900円(税込) 画像・情報提供:KYOTO SIDE

「ぎおん徳屋」のお番茶のかき氷は、氷のまわりにぐるりと輪切りのレモンが添えられ、京番茶の粉をまとったかき氷です。番茶と氷砂糖を煮詰めたシロップを、食べる直前に少しずつ掛けながらいただきます。

京番茶の香ばしい風味とやさしい甘さがどこか懐かしく、また蜂蜜漬けのレモンと番茶のシロップを同時にほおばれば、レモンティーのような味わいに変化します。

■ぎおん徳屋
・住所:〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側570-127
・営業時間:12:00~18:00
・休業日:無休
・URL:http://gion-tokuya.jp/

ミックスじゅーちゅかき氷「千馬MIYABI」

ミックスじゅーちゅかき氷 1,200円(税別) 画像・情報提供:KYOTO SIDE

「千馬MIYABI」のミックスじゅーちゅかき氷は、トロピカルムードが漂うカラフルなかき氷です。イチゴ、バナナ、キウイ、パイナップルなどの果肉をミックスジュースにしたシロップは、乙女心くすぐるメルヘンチックなピンク色です。

シロップのかかった氷の上に色とりどりのフルーツが盛り付けられ、さらには氷のなかにまでフルーツが隠されています。甘めが好みな方は、練乳やアイスクリームをトッピングすると、より濃厚な味わいを楽しめます。

■千馬MIYABI
・住所:〒610-0121 京都府城陽市寺田袋尻19-1
・営業時間:10:00~19:00
・休業日:月曜
・URL:http://www.senba2018.com/

■KYOTO SIDE
・URL:https://www.kyotoside.jp/

いかがでしたか。京都府の地域情報発信サイト「KYOTO SIDE」編集部が発表した2019年夏の京都で並んでも食べておきたいかき氷を紹介しました。個性的なひんやりグルメを食べに、京都へでかけてみませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について