海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >アジア >台湾 >台湾 その他の都市 >台湾のフレッシュ・アップルマンゴーの日本直送サービスをご紹介!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

台湾のフレッシュ・アップルマンゴーの日本直送サービスをご紹介!

2020年06月25日

2019年には年間216万人もの旅行者が訪れ、リピーターも多く日本人に人気の渡航先、台湾。親日で温かい台湾の人たちや、小籠包や魯肉飯(ルーローハン)といった台湾グルメなど台湾の魅力はさまざまですが、夜市や町中でも気軽に食べられるフレッシュなフルーツも魅力のひとつです。中でも赤いリンゴのような「アップルマンゴー」は初夏が旬で甘くて絶品。今は台湾現地にてマンゴーを堪能することはできませんが、取り寄せることはできます。農家が大事に育てた台湾の自然の恵みを堪能してみてはいかがでしょうか。

アップルマンゴーとは?

現地では「愛文種」と呼ばれるアップルマンゴー

アップルマンゴーの品種名はアーウィン(愛文)種です。アーウィン種はアメリカから移植され、台湾で改良されておいしいマンゴーとなりました。果肉が厚く、滑らかで、食べごたえがあり、甘いのが特徴です。
リンゴのように赤く色づく様子からアップルマンゴーと呼ばれています。別の説では、リンゴのような甘い香がすることからアップルマンゴーと名づけられたとも言われています。
通常ひとつの枝に5~6個の果実ができるところ、選定し間引きして1~2個のマンゴーに育て上げるため、糖度が高く果肉も厚く大きくなります。

自宅に、台湾から新鮮なマンゴーが直接届く!

肉厚で香り高く、甘い!

残念ながら今は、コロナウイルスの影響で台湾への観光目的の渡航は難しい状況です。「こんな時だからこそ、おいしい果物を食べて元気に過ごしていただきたい」と華由企業有限公司は考えました。同社のオーダーフォームから注文し、フレッシュ・アップルマンゴーを冷蔵便で台湾の産地から日本の指定住所まで配達するのが『台湾産アップルマンゴー冷蔵宅配』です。
「“おいしい”は、人々が共感できる“しあわせ”です。そして、皆様にたくさん“しあわせ”を感じていただきたいと思います。“おいしい”で平和な世界が広がっていくことが願いです」と同社はコメントを寄せています。 
今回提供されるマンゴーは輸出用の厳選品で、生産履歴や農薬検査、検疫などの正規手続を経た商品です。台湾国内で一般に販売されているマンゴーとは異なります。

商品ラインアップと、申し込み方法

5kgの箱詰めで2900元。申し込み締め切りは7月5日

商品は2種類です。
・A=台湾アップルマンゴー 2.5kg(箱入り) 価格:2400元
・B=台湾アップルマンゴー 5.0kg(箱入り) 価格:2900元
※1元=3.62円(6月23日現在)

マンゴーの旬は今! 購入申込みの最終締め切りは7月5日。日本の指定の場所に届くのは、7月15日前後の予定です。マンゴーは収穫後、熱消毒され殺虫した上で検疫検査、農薬検査などの厳しいチェックに合格した果実のみが日本への出荷許可を取得できます。

オーダーはこちらから。
・URL: https://hanayoshi.com.tw/web_shop/index_jp.html
・支払: 上記リンクからオーダーフォームにて注文。決済は「PayPal」を選択し、クレジットカード情報を入力。日本在住者はPAYPALからクレジットカート決済のみ。
・出荷方法: 台湾のアップルマンゴー産地から、日本の指定住所へ冷蔵便で直送。

※送付先は日本国内の北海道から九州(沖縄本島を含む離島、および伊豆諸島などの離島地区は除く)

※天候・天災により出荷時期、生産数量に影響を受けた場合、数量、発送日の変動及び注文の取消を余儀なくされる場合があります

※順次出荷となりますので、出荷時期の指定はできません。出荷時期が確定しましたら、ご注文のお客様にメールで連絡を差し上げます

マンゴーのおいしい食べ方

ヘタ部分の蜜は食べごろのサイン

ヘタの部分から、蜜が垂れて光ってきたら食べごろです。暑い日に、ほどよく冷やしたマンゴーをシンプルにそのまま切って食べるのは最高! アイスや練乳と一緒に食べるのも台湾式。また、常温に戻して食べると、より一層甘みがまろやかになり、おいしく食べられます。
冷凍するのもひとつの手です。皮をむき、2cm×2cmのサイコロ状にして冷凍保存しておくと、暑い日にひと口アイスとして食べる楽しみが。冷凍マンゴーはしばらく保存できます。スムージーの材料としてブレンドするのもいいですね。

マンゴーにまつわるQ&A

見てよし、食べてよしの台湾名物

マンゴーのあれこれをQ&A形式でご紹介します(回答・文責はすべて華由企業有限公司)

Q: マンゴーの切り方はどうしたらいいですか?
A: 以下の手順が一般的です。
・一粒のマンゴーを種に沿って3つに切り分けます。
・半月型になったマンゴーの内側に格子状にナイフで切り込みを入れます。このとき皮まで切らずに、果肉だけにナイフが入るようにします。
・半月型の皮側の中心から持ち上げると一口大のマンゴーが飛び出してきます。ひと口大の果肉をスプーンですくって食べてください。
・残った種の部分は皮を取り、周りの果肉を食べます。

マンゴーの上手な切り方を見よう!

Q: 台湾マンゴーはどんな歴史を持っていますか?
A: 台湾のマンゴーの原種は、本来は200グラム程度の小ぶりな「土マンゴー」でした。ところが、今から約60年前にアメリカのフロリダからアーウィン種が導入され、現在の愛文マンゴー(アーウィン種を中国語にして愛文と呼ばれる)となりました。 香りが強く肉厚で、間引き選定すれば1粒が400グラム以上にもなる大きな実が特徴で食べごたえがあります。

Q: アップルマンゴーの栄養成分と、期待できる体への効果は?
A: 眼精疲労の改善、皮膚の保湿効果などがあるビタミンAと、美肌効果や疲労回復効果のあるビタミンCを多く含みます。葉酸には貧血の予防と改善、植物繊維には便秘の改善などの効能が期待できます。

Q: アレルギーの心配はありませんか?
A: マンゴーはウルシ科の植物で、ウルシと同じ皮膚のかぶれの原因となる成分が含まれています。稀ではありますが、体質によっては皮膚のかぶれ、唇の腫れなどのアレルギー症状を引き起こすことがあります。注意してください。植物アレルギー、食品アレルギー、慢性疾患のある方は、事前に医師に相談のうえ食べてください。

Q: 皮にある黒い点々は何ですか?
A: マンゴーにある黒い小さな斑点は、もともとマンゴーの木が保有している炭素由来です。 収穫した時にはほとんど見えないのですが、時間の経過とともに多少の斑点ができることがあります。炭素自体に害はありませんので、斑点の部分を切り落とせばおいしく食べられます。

黒い点が表れても問題はありません
台湾から“おいしさとしあわせ”が届きます。贈答用にも!

・オーダーURL: https://hanayoshi.com.tw/web_shop/index_jp.html

●問い合わせ先
■ 華由企業有限公司
・住所: 台北市中山區南京東路2段101号10F (長盛大楼)
・電話: 02-2511-1066 FAX: 02-2511-0199
・日本からの電話: 886-2-2511-1066 FAX: 886-2-2511-0199 
・E-mail:  mango@hanayoshi.com.tw

※本記事は6月19日現在のものです。

≫≫≫ 台湾旅行に役立つ記事一覧



お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について