× 閉じる

海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >アジア >台湾 >タイペイ(台北) >台湾旅行前に要チェック!台北で食べたいおすすめフード5選

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

台湾旅行前に要チェック!台北で食べたいおすすめフード5選

2017年12月23日

海外旅行の楽しみの一つと言えば、行く先々で食べる現地ならではのグルメです。ガイドブックでもローカルグルメの情報はいつも一番たくさん取り上げられているほど重要な要素の一つでもあります。今回は美食の宝庫と言われる台湾でぜひ食べたいおすすめフード5選をご紹介します。


キングオブ台湾朝ごはん「阜杭豆漿」は並んででも食べたい!

1日の始まりに欠かせない朝ごはんは、並んででもぜひ食べたい「阜杭豆漿」に行ってみましょう。MRT善道寺駅5番出口前の華山市場の2階にある朝食専門店「阜杭豆漿」では、台湾伝統スタイルの豆乳や蛋餅などの朝食が味わえます。
おすすめメニュー「鹹豆漿」は、豆乳に出汁を入れて、おぼろ豆腐のようになった温かなスープです。阜杭豆漿の豆乳はとても濃厚で、一度食べたら忘れられないほどのおいしさです。他にももちもちのクレープのような生地で卵を巻いた「蛋餅」や、焼き立てのサクサク生地で卵を挟んだ「厚餅夾蛋」もおすすめです。
オーダーはメニュー番号で注文できるようになっています。

阜杭豆漿のおいしい朝ごはんにたどり着くまでには行列に並ばないといけないというのがお決まりで、毎日早朝からお店の外の通りまで続く長い列ができています。平均的には40分ほどの待ち時間は覚悟しておいた方がよさそうですが、長い時だと1時間以上待ちと言う時もあるとか。
しかしながら、待った甲斐があるほどのおいしい朝ごはんは多くの人を虜にして、台湾旅行の旅に訪れるというリピーターも少なくありません。台北で一番おいしいと言われる阜杭豆漿の朝ごはんメニューはトライしてみる価値がありそうですね。

DATA:
店名:阜杭豆漿
住所:台北市忠孝東路一段108號2F-28
電話:02-23922175
営業時間:5:30~12:30
※月曜定休

サクサクドーナツは一度食べたらやみつき「脆皮鮮奶甜甜圈」

台北旅のおやつにぜひおすすめしたいのは「脆皮鮮奶甜甜圈」のドーナツです。台湾でドーナツ?!と思ってしまいますが、「脆皮鮮奶甜甜圈」のドーナツは、生地が驚くほどサクサクで今までに食べたことないような唯一無二のドーナツです。様々なフレーバーがありますが、一番のおすすめは「原味(鮮奶) 」で、サクサクの生地に甘いミルクパウダーがたっぷりついて一度食べたらやみつきになるほどのおいしさです。

本店はMRT中山國小駅近くの晴光市場エリアにあり、ドーナツのような黄色の入口が目印です。揚げたてが出る時間には行列ができていることもあるほどの人気店です。時間がたつとサクサク感がなくなってしまうので、出来立てを味わうのがおすすめです。

DATA:
店名:脆皮鮮奶甜甜圈 晴光總店
住所:台北市雙城街17巷24號
電話:02-2550 9914
営業時間:11:00~19:30
Webサイト https://www.facebook.com/twdounts/

おかわりが止まらない!絶品鶏肉飯「梁記嘉義鶏肉飯」

台湾のご飯ものと言えば、とろとろに煮込んだ豚肉のそぼろをご飯にかけた「魯肉飯(ルーローファン)」が有名ですが、鶏肉をご飯にのせた「雞肉飯(ジーローファン)」もぜひおすすめしたい台湾グルメです。台北でおいしい雞肉飯が食べられるお店と言えば、MRT松江南京駅から徒歩5分ほどの場所にある「梁記嘉義雞肉飯」です。
雞肉飯には一般的に鶏の胸肉を使用するため、肉がパサついた食感になりやすいのですが、「梁記嘉義雞肉飯」の鶏肉はとてもしっとりしていて、ジューシーです。かかっているソースと相まって、思わずおかわりしたくなるほどのおいしさです。

お店に入ったら、入口前にあるおかずコーナーで好きなおかずを選び、セルフサービスでトレーにのせていきます。どれも一皿30元~50元ほどです。雞肉飯は必要な杯数を店員さんに伝えておくとテーブルまで持ってきてくれます。おかずコーナーではぜひ半熟の目玉焼きを取るのをお忘れなく。雞肉飯の上に目玉焼きをのせて食べるのがツウの食べ方ですよ!

DATA:
店名:梁記嘉義雞肉飯
住所:台北市中山區松江路90巷19號
電話:02-2563-4671
営業時間:10:00~20:00
Webサイト https://www.facebook.com/%E6%A2%81%E8%A8%98%E5%98%89%E7%BE%A9%E9%9B%9E%E8%82%89%E9%A3%AF-236008676417282/

季節問わずマンゴーかき氷が楽しめる「芒果皇帝」

台湾デザートの定番と言えばマンゴーかき氷です。ジューシーで甘みたっぷりの愛文マンゴーは台湾の夏の特産品で、おいしいマンゴーをたっぷりとのせた贅沢なマンゴーかき氷は世界に誇る台湾美食の一つです。
マンゴーが採れる夏の時期しかマンゴーかき氷を提供しないお店も多いですが、永康街にあるフルーツかき氷専門店「芒果皇帝」では1年中マンゴーかき氷を楽しめるのが嬉しいです。
看板メニューの「原創新鮮芒果冰」はマンゴーをふんだんに使用したかき氷で、氷は水から作るガリガリとした食感の氷を使用しています。

特に日本人観光客に人気と言う「新鮮芒果雪花冰」はミルク氷を使用したふわふわの氷が特徴です。2種類の氷があるのでお好みのものをチョイスしてくださいね!日本語ができるスタッフの人もいるので安心して利用できるお店ですよ。
永康街はマンゴーかき氷の激戦区としても知られ、通り沿いにはいくつかのマンゴーかき氷専門店が並んでいます。お腹に余裕があればいくつかのお店で食べ比べをしてみるのもおもしろいですね。

DATA:
店名:芒果皇帝 King Mango
住所:台北市大安區永康街2巷2之1號
電話:02-3322 6009
営業時間:10:00~22:30
Webサイト http://www.kingmango.com.tw/index.html

一大旋風を起こしたプルプルチーズカステラ「緣味古早味現烤蛋糕」

台湾では昔懐かしの味を「古早味」と呼び、伝統の味わいが今も変わらず人気を集めています。そんな昔ながらの素朴な味わいで人気を集めるのが「緣味古早味現烤蛋糕」です。卵をたっぷりと使用したシンプルなカステラはふわふわの焼き上がりで、焼き立てのカステラを店先でカットする際には甘く香ばしい香りがお店の外まで立ち込め、厚みのある生地がプルプルと揺れて見ている人たちの食欲をそそります。

焼き上がりの時間にはカステラを買い求める人で行列ができるほどの人気グルメです。特におすすめはとろけるチーズが入った「雙層起司(ダブルチーズ) 」フレーバーで、やさしい甘さのふわふわカステラにチーズの塩気がマッチして、食べだしたら止まりません。とても大きいので何人かでシェアして食べるのがおすすめです。


台北旅行の際にはぜひおすすめグルメにも挑戦して、おいしい旅の思い出もたくさん作ってみてはいかがでしょうか?

DATA:
店名:緣味古早味現烤蛋糕
板橋店 (新埔站)
新北市板橋區文化路一段437-3號
8:00~18:00
電話:02-2254-0651

淡水老街店
新北市淡水區中正路228-2號
電話:02-2626-7860
平日11:30 - 19:00,土日祝9:00 - 21:00
Webサイト https://www.facebook.com/%E7%B7%A3%E5%91%B3%E5%8F%A4%E6%97%A9%E5%91%B3%E7%8F%BE%E7%83%A4%E8%9B%8B%E7%B3%95-1570181776589316/

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

おすすめの記事