海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >アジア >シンガポール >シンガポール >【シンガポール航空】ビジネスクラスの機内食「花恋暦」(はなこいれき)春の新メニューをお披露目

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

【シンガポール航空】ビジネスクラスの機内食「花恋暦」(はなこいれき)春の新メニューをお披露目

2019年01月24日

シンガポール航空は、1998年9月、世界の一流シェフから成る、機内食を追及するためのスペシャルチーム、インターナショナル・カリナリー・パネル(International Culinary Panel)『ICP』を結成し、見た目、味ともに素晴らしい料理を研究・提供しています。2019年1月17日(木)、成田でおこなわれた、春のビジネスクラス機内食の新メニュー「花恋暦」(はなこいれき)お披露目の様子をレポートします。

京都の老舗料亭「菊乃井」主人:村田吉弘さん

ICPのメンバーでもあり、老舗の料亭「菊乃井」主人の村田吉弘さん「(ICP結成時の)20年前に比べると、和食の環境も変わりました。その当時は機内食に力を入れることがなく、最初に良くしようと動いたのがシンガポール航空でした。我々(ICP)は、機内という狭い閉ざされた空間と上空という特殊な環境でどう食事を楽しんでいただけるかを考えてこれまでやってきました」と、機内食における取り組みについてコメントしました。

全国各地の空港で再現するシェフたちも当日一同に会す

「今はエアラインの機内食は進化しました。自分が蒔いた種ですが、自分はもうそこにはおらず、もっと先のことを見据えて、次をどうするかを考えています」と続け、新作メニューについて「桜が咲いているようなイメージのメニューです。シンガポールでは桜は咲きませんが、この時期は華やいでいて日本人が桜を愛でる文化とともに伝えられれば、と思っています」とコメント。「吉野山の桜にかこまれて、食事を楽しんでいる、そんな想像を機内でしていただければ」と続けました。村田シェフの考案したメニューを全国各地の空港で再現するシェフたちも当日一同に会し、「同じものを同じようにつくる、再現をすることが使命です、春の新メニューをシンガポール航空をご利用される皆様にお楽しみいただければと思います」とコメントしました。

■京都の老舗料亭 菊乃井
URL:http://kikunoi.jp/kikunoiweb/Top/index

インフライトサービス&デザイン部門担当ベティ・ウォンさん

インフライトサービス&デザイン部門を担当するベティ・ウォンさん(MS BETTY WONG)は、集まったメディアに向け、2018年の日本就航50周年の挨拶とともにエアバスA380の再導入について述べ、今回の新メニューについて「村田シェフが考案した桜の新メニューについて、何度も京都の菊乃井に訪問して、村田シェフから細かいご指導を受けながら開発しました、おかげで見た目も華やかな美しい機内食をつくりあげることができました」とコメントしました。

春のビジネスクラス新メニュー「花恋暦」(はなこいれき)

春のビジネスクラス新メニュー「花恋暦」(はなこいれき)

こちらが当日ふるまわれた、2019年春のビジネスクラス新メニュー「花恋暦」(はなこいれき)。梅の花をあしらったお重には、以下のメニューが楽しめます。

先付:海老松風/空豆甘煮/花びら百合根
向付:〆鰈/蕨/ラディッシュ
口取り:鳴門穴子/こごみ/いわし梅煮
そば:桜そば/菜種/錦糸玉子

桜の練り切りを使ったそばは春にちなんだピンク色。鮮やかに映えるお重は味も見た目も美しい日本の美を再現。フォトジェニックな一品逸品をご堪能ください。

春のビジネスクラス新メニュー「花恋暦」(はなこいれき)

和え物:木の芽和え/烏賊/独活(うど)/筍/花びら百合根
炊き合わせ:筍/鯛の子黄身揚げ煮/蕗(ふき)/木の芽/人参
焼物:銀だらの菜種焼き/新玉葱ピクルス/タラの芽
※銀だらは鰈(カレイ)に変更になりました。
御飯:ちりめん山椒御飯
香の物:いろいろ
留椀:味噌汁

卵黄で揚げた鯛の子黄身揚げ煮は凝縮された春の味。御飯は桜の花のパウダーを使って炊き込んでいて、全体がピンク色になっています。こちらも食欲とともに春の訪れを感じさせる、上空に咲いた春の花のよう。

春のビジネスクラス新メニュー「花恋暦」(はなこいれき)

水菓子には、桜の花びらを用いた、桜アイス。アクセントの塩味もマッチした、極上のスイーツをご賞味ください。

村田シェフは、「花恋暦」(はなこいれき)は、全体的にヘルシーで低カロリーで美味しいものを提供しています。上空では、嗅覚が少し鈍感になるので鼻で感じることが難しいので、食べて噛んで、口の中から香るものとして、味付けをこだわりました」とコメントしました。

機内食に長年携わっている村田シュフだからこそのこだわり、実際にシンガポール航空でご賞味ください。

新年らしい餅つき
ヘルメットをかぶる日本支社長デイヴィッド・ラウ氏

当日は、新年らしい餅つき大会もおこなわれ、安全ヘルメットをかぶる日本支社長デイヴィッド・ラウ氏の姿も見られる、賑やかな会となりました。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

この記事のハッシュタグ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について