海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >アジア >中国 >シャンハイ(上海) >異国の地へようこそ!独特のスパイシーな料理、新疆「ウイグル料理」のレストラン(上海)

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

異国の地へようこそ!独特のスパイシーな料理、新疆「ウイグル料理」のレストラン(上海)

2018年02月12日

あのグルメサーチ界の草分け的存在「ぐるなび」がお届けする、日本人旅行客に人気、おすすめしたい現地のお店を紹介する、ぐるなび上海シリーズ!第三弾は、婁山関路駅(娄山关路)から徒歩10分の距離にある那時新疆·乌孫(虹桥南丰城店)です。ここでは新疆(ウイグル)料理を提供しています。新疆料理とは、中国の西側にある新疆ウイグル自治区で食べられている料理のことで、香辛料にトウガラシ、クミンが多く使われる特徴があります。そのスパイシーな独特の風味は何度でも食べたくなるおいしさ。日本ではなかなか味わえないからこそ、上海にいるうちに食べておきたいですね。

細部までこだわった異国情緒たっぷりの店内

ウイグルならではのインテリアが特徴の店内©ぐるなび上海

店内には幌つきの場所のオブジェクトが置かれ、鮮やかな色使いと細やかな模様、ウイグルならではのインテリアが特徴の店内です。車師古国の馬車に乗れば、まるでその地で旅をしている気分になれそうです。ウイグルとは、4世紀から13世紀にかけて中央ユーラシアで活動した遊牧民族とその国家のことを指します。ウイグルの食文化は、オアシスの農耕と牧畜、およびテュルク(トルコ)系民族の歴史が基盤になっているといわれ、地理的にも隣接するウズベク人やカザフ人と共通した料理が多いとされています。

ダーパンジー新疆大盤鶏(鶏とじゃがいものスパイシー炒め煮)

ダーパンジー新疆大盤鶏(88元)(約1,500円)©ぐるなび上海

まずおすすめしたいのが、写真の「ダーパンジー新疆大盤鶏(鶏とじゃがいものスパイシー炒め煮)」です。厳選した地鶏とウイグル産唐辛子をジャガイモと一緒に煮込んだもので、ひとしきり食べた後、皿のきしめんと混ぜて食べます。こちらは一人前88元(約1,500円)から味わうことができます。大盤鶏(ダーパンジー)とは、日本人にわかりやすく説明すると、鶏肉の豆板醤炒めをきしめんにかける、餡かけのような伝統料理です。味の濃い餡的な炒め物に炭水化物、美味しくないはずがありませんね。

ジク・カワープ红柳烤肉(羊肉の串焼き)

ジク・カワープ红柳烤肉 15元/1串(約250円)©ぐるなび上海

こちらは羊肉の串焼き、いわゆるケバブ的な食べ物の「ジク・カワープ红柳烤肉」といい、1串15元(約250円)で食べられます。主に羊肉を使うことが一般的ですが、鶏肉を用いるケースもあります。塩や胡椒、クミン、唐辛子などの香辛料をふりかけてから調理する「烤羊肉串」として漢族にもよく知られています。红柳とは串にしている枝のもので、多くは金属製に置き換わる中で、珍重されています。肉はタマネギや香辛料、時には卵黄も入れた汁に漬け込んでから焼くため、柔らかくジューシー。一度食べるとやみつきになる方続出です。

自家製ヨーグルト阿娜自制酸奶

自家製ヨーグルト阿娜自制酸奶 12元(約200円)©ぐるなび上海

こちらは自家製ヨーグルト「阿娜自制酸奶」12元(約200円)です。食後のデザートと思いきや、クミンなどで胃が荒れる前に頂く、羊肉の料理を食べる前の定番的なメニューです。他のお料理との間の口直しにも最適です。

■那時新疆·乌孫(虹桥南丰城店)
住所:上海市長寧区遵義路150号虹橋南豊城北区5階506(茅台路近く) 〒200000
電話番号:021-52996279
アクセス:バス72路、88路、141路、808路線 線遵義路仙霞路駅徒歩2分
地下鉄2号線線婁山関路駅2番出口徒歩10分
営業案内:月曜日~金曜日 11:00~21:30 L.O.
平均予算:100元(約1,700円)

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

この記事のスポット

この記事のカテゴリ

おすすめの記事

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について